ファーストフードは脳内に取り返しのつかない変化をもたらす!?

わかっていてもつい食べてしまうファーストフードです。

スポンサーリンク

ダビッドソン所長と彼の研究グループは、マウスを使った動物実験を行い、マウスの脳を調べた。それによると、ファーストフードを食べたマウスは、一定の時間が経過すると、奇妙な行動をとり始めることが分かった。

マウスの記憶をつかさどる海馬の部分に特徴的な病変が生じ、マウスは、空腹でない時でさえも、ファーストフードを食べるようになった。学者らは、マウスには単に「腹がいっぱいになった」という感覚がなくなったのだと考えている。

彼らの意見によれば、もし人間が、こうした有害な食品を長く、食べ続けた場合、脳の中の飽食感をつかさどる部分がブロックされてしまい、さらにそうした食品をつい食べてしまうようになる、とのことだ。

また、そうした人々の記憶は、有害食品を食べない人に比べ何倍も悪く、脳の老化もはるかに速くなるという。

先に伝えられたところによると、ファストフードで使われる、油をはじく包装紙や容器には、食べ物に染み込むおそれがある化学物質が使われているケースが半数ほど。




にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)

こちらの記事もどうぞ

世界で一番寒い村 オイミャンコ
イギリスの学者曰く 高齢出産は・・・子供たちがほかの子より頭...
Дмитрий Медведев: уйти в бизне...
Tу-154 потерпел крушение ソチ発飛行...
東京でマリインスキー劇場の展示会:日本人がロシア人に対する理...
犬のいびき 自分のいびきにビックリ【動画】
モスクワ・厳寒で危険度オレンジ。異常気象
WHO、喫煙が世界経済にもたらす損害は年間1兆ドル
セントラルヒーティングについて 
犬にだって思わずノってしまう好みの音楽ジャンルがある、研究発...
ロシアの学者たちが細胞の老化を遅らせることに成功
NASA発表は・・・トラピスト1
「史上最悪のクロスカントリースキーヤー」その秘密はどこに?
あなたも赤に見えますか?日本の教授の錯視画像が話題
Родная мать оставила гимнастку...
明日は我が身、資源大国ベネゼエラでデモ 仮想通貨の流れな...
世界遺産バイカル湖の1部が中国の物になった?!それとも・・・...
ロシア警察のサーバーシステムが「ハッキング」された?サイバー...
おそろしあ、ロシア女性のたたき合い。恨みは残るのでしょうか?
ポールシフト?太陽が東南からのぼる・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!