ロシアの動物病院にボニーを頼むか 帰国時の問題

日本では 旅行に行ったりするとき ボニーは知人に紹介してもらった ペットホテルに預けていた

そこは夜間も一緒に寝泊りしてくれて ボニーはホテルの人の布団の上で寝ていたようです

スポンサーリンク

他のペットもいたので 家にいるときのような粗相もしなかったみたいです。

このペットホテルが結構 大好きでした。送迎もしてくれて

お迎えに出ると 帰りたくない様子でした・・ご飯付きで1日3千円でした

 

問題はロシアでどうするか・・・

子供がいたり 犬猫がいるところはボニーがストレスになってしまうような気がするし・・

今考えてるのは いつもドライフードやシャンプーを買っている獣医さんに預ける方がいいのかな?と思っているところです

ホテルはしていないようだけど

まだいろいろあたって聞いてみようと思います ボニーが気に入ってストレスないところでないと・・

動物スキのおばさんがいるところは フレンチブルドックのルーカスがいるけど 今は子供の家に行っているようで いいかなーと思っていたら 猫を拾って買っていた・・・

アカンなー

まあ ボニーは犬より猫の方が好きだけど やっつけられそうだしね

 

おばさんボニーはシャンプーも5から7日で頼まないといけないし しわやお尻の窪みの清拭も2,3日に1回はしてと頼まないといけないので・・・ねえ動物好きでないと無理ですから・・

 

モスクワの義母宅には猫が2匹いるので預かってもらえないし 言ったら嫌だと言われたし(´・ω・`)

大体 猫アレルギーの息子がいるのに猫を飼う時点でアウトでしょ・・・泊まれないやんか!困ったもんです

 

旅行は一緒に行けるけど 帰国時はねえ、国をまたぐと何かと大変ですね

 

 

 




にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加
いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です