ヒョウが降ったよ

この前 運転中に天気が突然悪くなり、激しい雨や雹が降り出しました。もう、車のガラスが割れるかと思いましたよ・・・この状況が約15分続いていました。

50058289-6d71-77c9-6d71-77c61cea28e6.photo.0

スポンサーリンク

車に小さい傷がいっぱいついてしまった・・・ワックス塗ったばっかりなのに!クラスノダールの天気は予測不能ですよねーσ^_^;ヒョウが降る確率が高いようなんですここは。

どういう状況だとヒョウがふるのでしょうか?

 

雹は激しい上昇気流を持つ積乱雲中で生成されるので、雷とともに起こることが多いようです。雹は落下して表面が融解し、再び上昇気流で雲の上部に吹き上げられて融解した表面が凍結し、その外側に氷晶が付着することを繰り返して氷粒が成長していくそうです。そのため大きな雹を割って内部をみると融解後凍結した透明な層と付着した氷晶の不透明な層が交互にある同心円状の層状構造をしていることが多いようです。

雹の大きさは数mmのものが多いが、時に数cmにも成長し、ゴルフボール大となることもある。記録が残っている中で世界最大の雹は、1917年(大正6年)6月29日に埼玉県大里郡熊谷町(現熊谷市)に降ったカボチャ大の雹で、直径七寸八分(29.6cm)、重さ九百匁(3.4kg)とされる。なお、アメリカ海洋大気庁によれば、2003年6月22日にアメリカのネブラスカ州に降った直径7.0インチ(17.8cm)、周囲18.75インチ(47.6cm)の雹を世界最大としているそうです。

ここでは温度差が激しいからヒョウが降ることが多いのですね、頭に当たらないように気を付けないといけません

大きさは小さいのですが、当たれば痛いですよね。観測史上最大は日本のヒョウのようです。気を付けないといけませんね




にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加
いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です