HPVワクチンを打ったときは まだ副作用がニュースになる前だった

毎日の記録や愚痴(; ・`д・´)

私がサーバリックスを打ったのは、娘を出産後1年くらいでした。子宮頸がん検査をして擬陽性が出た時に打ちましたよ。ガンと聞いてちょっと血の気が引いた記憶があります。擬陽性だったので、もう少し経過をみてもよかったのに、頭の中がΣ(゚д゚lll)ガーンΣ(゚д゚lll)ガーンという状態で・・・これからの事をいろいろ考えてしまったりしてました。子供は、旦那は、保険が~とかも💦

Drに勧められてHPVワクチンを打った

 

Drがこういうワクチン打ってみる?と最近中学生たちが打っているワクチンを勧めてきました。

「効くんですか?」と聞いたら

「効くと思う)とはっきり言われたので

わらにもすがる思いというんでしょうか?

即答ですると言ってしまってました。

 

普通のワクチンと同じように質問に答え同意書を書いて 注射・・・

もうすでに3回打ったその数か月後に、このワクチンがニュースにとりあげられるようになりました。

え~すごい副作用 こわーい

時すでに遅しというか・・同意書書いたしね・・なんにでもリスクはあるのは知ってるしね。でもいざこういうニュースを聞くと気になります。私は大丈夫なのかと・・

 

私はありがたいことに?副作用はなかったみたいです。それに次のがん検診では陰性でしたしね。

 

重症な副作用の人がいるので大きい声では言えないけど・・・・

私はもうワクチンは何も打ちたくないかも・・

 

国は責任逃れするだろうし・・自分が後悔するだけ

唯一の救いは授乳が終わっていたということでしょうか・・・

もしその時授乳が続いていたら影響もあったのかな?と思ってしまう

 

でもΣ(゚д゚lll)ガーンとなっている状態で 医者に勧められたら「はい、そうします」ってなりますよ・・・

 

今となってはこのワクチンの意味はなかったということもわかった?し( 性交経験者には効果がないという説があるとかウィルスがいない状態でワクチンしないと意味がないとか!)

元々ガンになる悪性細胞ではなかったということだと思う。しかも5万円超え・・・財布も痛いよ

でも擬陽性だったし・・・ 子宮がん検診だけは時々して置いた方がいいとは思っていますが・・

 

2006年から120カ国以上がHPVワクチンの使用を承認した。これまでにHPV誘発疾患で病院を訪れる患者が半減した。一方でワクチンは、慢性疲労、頭痛、歩行困難などの症状と結びつくようにもなった。そのためワクチンの規模は日本を含め次第に縮小し始めた。

日本の学者グループは、Scientific reports誌に、HPVワクチンのマウスを用いた実験結果を掲載した。そこでは視床下部や脳の他の場所に障害が起こるというワクチンの副作用が述べられた。実験結果の発表後、日本の学者グループは激しい批判にさらされた。

日本の学者たちの研究を認めるか否かをめぐる争いで学術界が挙げる論拠の一つは、マウスにワクチンを接種する際の過量は不適切だというもの。研究で用いられた摂取量は、人間の摂取量の1000倍だった。また研究者たちはこれについて、「実験用動物の無駄遣いだ」と指摘している。

もしかして人間にも摂取量多くしていたということはないですよね??

コメント

  1. より:

    はじめまして。

    癌についての参考になると思われますので、ご紹介します。

    新潟大名誉教授でいらした阿保徹先生の講演会

    安倍徹先生『免疫革命!はじめて癌の原因がわかった!』ワールドフォーラム2011年10月連携企画「統合医学医師の会公開講演会」

    • Pinpin より:

      コメント、ご紹介ありがとうございます。はじめて癌の原因がわかった!』ワールドフォーラムですね、見てみようと思います。