ククルイニクスイ-ドロガヤ Кукрыниксы – Дорогая セルゲイ・エセーニンの詞

ロシア語やロシア音楽
ボニー
ボニー

今日もロシアの歌をご紹介します。

Вечер черные брови насопил,

夕方が黒い眉毛を寄せてきた(暗くなって、空気が重くなった。自然現象を気持ちを表現している)

Чьи-то кони стоят у двора.

誰かの馬が庭の外にまっている

Не вчера ли я молодость пропил,

青春を飲みつくしたのは昨日じゃなかった?

Разлюбил ли тебя не вчера?

あなたへの愛の気持ちが昨日でなくなった?

 

Не храпи, запоздалая тройка!

遅くなった馬車よ、荒く息をしないで!

Наша жизнь пронеслась без следа.

僕らの人生、何も残せず過ぎてしまった

Может, завтра больничная койка

もしかして、明日は病院のベッドが

Упокоит меня навсегда.

私を永遠に眠らせるかしら・・・

 

Может, завтра совсем по-другому

もしかして、明日は逆に

Я уйду, исцеленный навек,

永遠に元気になって、ここを去っていく

Слушать песни дождей и черемух,

雨やバードチェリーの歌が流れる場所へ

Чем здоровый живет человек.

健全な人の生き方で生きていくかも・・・

 

Позабуду я мрачные силы,

Что терзали меня, губя.

私をつぶそうとした呪いや病のことは忘れる

Облик ласковый! Облик милый!

あなたの優しい・可愛い姿!

Лишь одну не забуду тебя.

あなただけを絶対に忘れない

 

Пусть я буду любить другую,

違う人を好きになっても

Но и с нею, с любимой, с другой,

違う人といても

Расскажу про тебя, дорогую,

親愛な君のことを語る

Что когда-то я звал дорогой.

「愛しい人」と呼んでいた君のこと

 

Расскажу, как текла былая

一緒にいた時のことを語る

Наша жизнь, что былой не была…

二人で過ごしたかったけど、過ごせなかった時間のことを語る

Голова ль ты моя удалая,

僕の頭よ

До чего ж ты меня довела?

何てことしてくれた・・・

 

Пусть я буду любить другую,

違う人を好きになっても

Но и с нею, с любимой, с другой,

違う人といても

Расскажу про тебя, дорогую,

親愛な君のことを語る

Что когда-то я звал дорогой.

「愛しい人」と呼んでいた君のこと

 

Расскажу, как текла былая

一緒にいた時のことを語る

Наша жизнь, что былой не была…

二人で過ごしたかったけど、過ごせなかった時間のことを語る

Голова ль ты моя удалая,

僕の頭よ

До чего ж ты меня довела?

何てことしてくれた・・・

 

セルゲイ・エセーニン(1923年)の詞をもとにして作られた曲です

 

セルゲイ・アレクサンドロヴィッチ・エセーニン

ロシアの叙情詩人。20世紀のロシアで最も人気があり有名な詩人のひとり

 

エセーニンはロシア帝国リャザン県(コンスタンチノボで小作農の家庭に生まれ、幼少の頃は祖父の家で過ごし9歳の時から詩を書き始めた。

1912年、モスクワに転居し印刷会社の校正の仕事で生計を立てた。翌年、エセーニンは学外生としてモスクワ大学に入学し1年半学んだ。エセーニンの初期の詩はロシアの伝承に着想を得たものである。1915年、エセーニンはサンクトペテルブルクに転居しアレクサンドル・ブローク、セルゲイ・ゴロデツキー、ニコライ・クリューエフ、アンドレイ・ベールイらと知り合いになった。文壇でエセーニンの名が知られるようになったのは、サンクトペテルブルク滞在中のことであった。ブロークは特にエセーニンの初期のキャリアを手助けしてくれたという。

wikiより

 

ボニー

一度リャザンに戻ったら女性は結婚していた。これでこの詩が生まれたと言われているんだ。

コメント