ロシアの小学校義務教育で危機感

ロシアの学校や幼稚園話(娘)

ロシアのモスクワではなく地方のクラスノダールという場所で公立小学校に通っていた子供。一般的には公立の学校は11年という長い時間を同じ学校に通うことになります。日本とは明らかに学校の役割が違うなと感じた娘の小学校1年生生活でした。

ロシアの小学校義務と2つ目の学校

一般的には義務教育は9年とされているので区切るとしたら初等教育が1年生から4年生基礎普通教育が5年生から9年生となります。その後は希望者が中等教育学校へ通うことになります。10年生、11年生が高校生ということになります。

小学校事情はあまりよろしくないです。知識の日(入学式)
「やっと小学生、日本から約半年遅れ・・大丈夫かしら?」そんな心配をよそに娘は元気いっぱい!!「元気ならいいかーー♬」知識の日(9月1日)に入学式?がありましてその様子と行きだしてやはりロシアだなーーと思うことを、書き残しておきたいと思います...

ロシアのほとんどで1年から11年の一貫教育が行われているようです。

学校としては基礎普通教育学校(学校の中にもリッツェイ・・組があったりします。)と国立系の学校(リッツェイ、ギムナジウム)があります。国立系のほうがより深く学ぶというイメージです。

娘は国立学校でした。その他にも外国語・物理・数学・芸術など特定の分野を専門的に学ぶ特別学校という存在もあるようです。

小学校1から4年生では学校に行く時間が本当に短いというのが実感です。掃除などは学校でするので生徒がすることはまずありません。そしてご飯時間も本当に短いですから

ボニー

あっという間にかえってきます。遊ぼ!

 

給食時間はわずか10分・・ロシア学校と宿題話
娘の学校の話(給食や宿題)の続きなんですが、先週ミーティングが開かれて「来週から4時間授業ね。そして時間も遅くなります。」と聞いていました。そして月曜の朝ワッツアップを見てみると、「校長まではこの時間で許可があるけど、それ以上の上の人がそ...

小1だと11時ごろには毎日帰ってくるしこれでいいのかロシア生活と唸っていました。4年生ごろになると12時から13時の帰宅になります。4,5時間授業となります。

ロシアでは放課後時間がたっぷりあるし「子供は忙しいほどに優秀になる」ともいわれているそうでモスクワでは2つ目の学校があります。希望すれば入れるということは、お金があれば入れるという事です。金銭的に余裕がある家庭でないと難しいですね。平均月収が4,5万円だから・・・・。普通(一般家庭)は無理ですね

地方で私も始めはいろいろ通わせていたけど、金銭的に厳しくてやめました。結局ネットに頼り、無料テキストをかき集めて一緒に勉強するという毎日。

 

話はずれましたが、地方でも英語塾や入学前の勉強、絵画教室、歌、新体操などの習い事などがありますよ。学校という形は見かけませんでした。放課後に音楽とかクラブ程度物はあり、料金は発生するとはききましたが。

小学校の長い休み

ロシアの学校の休みは結構長い。世界一長いと思ってしまう程でしたが、統計によると日本と変わらないとなっています。ですが小学校初等時は本当に短いので平均して出しているのかはわかりませんがあてにはならないかなと思われます。

ちなみに日本774時間、ロシア737時間となっています。👈絶対嘘や( ;∀;)

夏休みは3か月と言われていますが、5月の終わりくらいには休みに入っちゃってます。9月も入ってすぐ授業ではないですから。

夏以外にも春・秋・冬もしっかり休みがあります。日本より長かったりします。

世界で一番休みが多い国ロシアを実証 子供の教育に影響はあるでしょうか?
今ロシアの会社に仕事依頼していることがあるんですが、これがまた遅いんです。そして1月4日仕事始めのはずが・・電話も切れてて連絡つかず(笑)そして今日やっとつながりました。仕事してくれているのかなと思いきや・・「皆飲みすぎて頭が痛い」んだそう...

 

ボニー
 

ロシアの義務教育だけでは危機感を覚えます。かなり厳しい現実です

コメント