アレルギーの原因は猫だった(サイベリアンはアレルゲンが少ないそうです)

毎日の記録や愚痴(; ・`д・´)

今日も「私のペットが欲しい」娘です。ネコにエサをあげていました。そこの小屋は猫専用の小屋です。半分物置・・。エサも自分でとったりする猫の小屋。その後蕁麻疹ができました。ぷっくりと・部分的にです。猫のアレルギーは1型で、ネコの唾液やフケなどに含まれるアレルゲンが原因(食べ物などと同じ)でおこるわけですが、大好きなネコをもう触れないのかというとそうでもありません。でも親としてはアレルゲンは避けてあげたいですけどね。

原因は猫だった

以前もできてその時は食べ物でアレルギーと思っていたんです。1型で症状もにています。

あれこれ制限して少しずつ試していったんですが、2日間食べたもの全部どれもクリアしました。ということは・・原因は違うのかと思ってはいました。

また出ました。今回も着色料たっぷりのおもちゃやオヤツを食べた後だったので、、、どうなのかなと思い1カ月かけて少しずつ試してきましたが、食べたもの全部クリア。後は猫のおやつあげたり、猫の小屋を触ったときに顔を触ったことくらいしか原因はありません。それかストレス??

病院に行けば検査はしてくれますが・・。

なぜわからなかったのか。猫をさわったことをいわなかったのもあります。(秘密)

犬も平気だし、私といるときにも猫を触ったりしていたんです。その時は出なかったんですよね。

触るだけなら出ず、

顔をさわったりすると顔の腫と赤み。そしてくしゃみと鼻水がでます。

かゆみも出てきます。

今回は一度ひいたんですが、

赤みとかゆみが長く続いたので病院に行って、薬(抗アレルギー薬)をもらいました。1回の薬で腫れと痒みはひきました。

今後は猫との接触はほぼご法度?

どうしても触りたいときは手袋などをさせるか、すぐ手を洗うことを条件として触らせてあげた方がいいかもしれませんがどうなんでしょうか。

猫アレルギーと症状

アレルギーとは体内に入ってきた異物に対する 過剰な免疫反応です。アレルゲンによって局所的もしくは全身性に起こる症状のことです。 猫のアレルギーとなる原因はfel dで表されるのですが、最も多いのはfel d1です。

猫のフケや汗(糖タンパク質のfel d1)

唾液や涙、肛門腺分泌液など(fel d4)

これらに 含まれています

猫の毛自体には アレルゲンとなるfel dを含みませんが、体を舐めたりするために、アレルゲンが含まれる物質が毛に付着してしまいます。

 

 

毛を触ってもアレルギーになるのはそのためですよね。

 

猫アレルギー予防

肝心なのは その猫が小まめにシャンプーをしていたり、ブラッシングをしているのか?ということです。それとあれこれ予防ですよね。

 

その他にもHEPAフィルターという細かい粒子をとらえてくれるフィルターを用いた掃除機や空気清浄機を使用すると非常に効果があるそうです。

 

その他にも寝室や布製のクッション、ソファーなどには載せない、入れないことにすると一緒に暮らしても、アレルギーなく暮らせるかもしれませんね。

ネコのアレルゲンは数カ月、数年と空気中に含まれるようなので、ホコリが舞うとアレルゲンも舞っていると思った方がいいかと思います。

症状

猫のアレルギー反応の症状は軽度から重度まで様々です。

  • 腫れ
  • 発赤
  • かゆみ
  • 鼻づまり
  • かゆみ
  • くしゃみ
  • 喉の痛みやかゆみ
  • 咳喘鳴喘息
  • 蕁麻疹(顔や胸または皮膚のかゆみに発疹)

重度のアレルギー反応はすぐ病院へ!!

娘は顏の腫れと痒み、くしゃみ、鼻水。目の赤みと痒みで全身性ではないので手洗いだけ忘れなければ大丈夫なはず。あとはひどくならないように適度な距離でベットは別でなら問題ないはず・・・。

はずはず、ばかりですが・・・断定はできませんから~~~。

減感作療法

現在アレルギーの根本的な治療法として有効?だといわれている方法です。簡単に言うとアレルゲン物質を少しずつ摂取することで、体がアレルゲンに過剰に反応しないようにする。徐々に 慣らしていくという治療法になります。

食物アレルギーでもこれをやりますが、徐々に慣らすというものですよね。

賛否両論ありますが。

 

猫を飼うために

アレルギーがあって猫が飼いたいという娘

減感作療法が 効果をあげれば 幸いですが、 その他にも このような方法があります。

毛がない猫もしくは毛が短い スフィンクスなどの猫を飼う。シベリア猫(サイベリア)はfel d1が少ないそうなので、アレルギーがあって猫が飼いたい人にはいいかもしれません。☚必ず出ないわけではありません。

 

毛が短かったりなかったりすると皮膚の清潔が保ちやすいというメリットはありますね。あとは好みがあるでしょうけど・・・。

 

あとはメスを飼うようにする(fel dがオスより少ない)

 

とりあえずは全く接触しないという事は出来ないでしょうから・・ねえ。少しずつ接触していって問題なければ寝室別でとか考えなければいけないのかな。今のところはトカゲで満足してくれているので・・まあ良しとしますか。

それにロシアにいるボニーにも毎日挨拶してますから。。。無視されるけど。

今日も張り切ってトカゲとるぞ~~と学校に行きました。おいおい、勉強してください!!




にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 家族ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へこのエントリーをはてなブックマークに追加
いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)

コメント