床矯正使用状況と乳歯の悩みは続いています。床矯正トラブルがおおい?

ロシアの学校や幼稚園話(娘)

床矯正を一度止めて半年たったら、何だか下の歯がまた少しガタガタになってきたような気がして、歯医者に行ってみました。そうすると広がっていた顎が、また元にも戻っているということで、再度床矯正をしています。元々使っていた床矯正を使うことにしましたが、最初それでも痛みがありました。床矯正やめても油断しても元に戻るということは、外すとまた戻る?意味は?

中央の4本は大人の歯に変わりましたが、他が抜けない・・・床矯正を始める前は結構早く抜けたんですよね。個人差があるとはいえ、最初は5歳の終わりころころ、7さいの初めころには最初の生え変わりは済んでいました。8歳ころから生え変わるはずの3番目の俗にいう糸切り歯(犬歯)がなかなか抜けません。床矯正の影響なんでしょうか?

 

床矯正のメリット・デメリット

床矯正を止めたとたん元に戻った・・・これもデメリットだそうです。床矯正の時期的にはまだ大丈夫で、前の物を装着しました。もうネジもまわせず痛がります。

元に戻りました

骨自体を広げる方法もあるよ・・

たしかにありますね・・でも断りました。これでダメなら少し成長してからマルチブラケットをすることにしています。

調べると床矯正は補助として使うべきで治療として使うべきではない・・・とあります。

6カ月から乳歯が生えてきて2歳半で乳歯列がほぼ完成します。

6歳くらいで第1大臼歯がはえます。

その後奥に第2大臼歯が生える。乳歯列の後ろに永久歯が生える・・。横ではなく後ろに成長するそうで、横には広がっても2,3MMだそうです。

 

日本矯正歯科医会より

 

長い間床矯正しても抜歯したり、その他のトラブルってけっこうあるそうです。今ひろがっている?うち舌や口の筋肉の運動もして様子見てだめなら成長してから矯正しようかと思います。娘には長く付けさせるようなことはしません。長くて1年です。

 

歯医者の専門性

 

ところで昨日は歯のチェックにいきました。虫歯はありませんでした。こちらは歯のチェックをして治療をする歯医者、抜歯専門の歯医者、もちろん矯正は専門の歯医者がいまして、専門以外は治療ができないようになっています。

なので治療で抜歯がいる場合は、日にちを改めて予約を取らなくてはいけません。それほど専門の知識がいるということなんでしょう。歯医者って・・・

日本の歯医者はすべて仕切ってやっている方もいますが、専門的な知識から言うと大丈夫なのかな?と最近思います。

矯正の知識がないのに、儲かるから床矯正を続けさせる歯医者もいるでしょうね。

私はもう矯正させるなら、矯正専門の歯医者じゃないと不安になるかもしれません・・。

床矯正をしたまま日本に帰るわけですから、広がるまで2,3か月くらいかな・・。見てもらえるのかな?という不安もあります。不具合が出たらもう終了しないといけないでしょうね、きっと。

半年間で顎が元に戻るわけですから、意味があるのかないのか・・

なんてことも思っている床矯正ですけどね・・。でも顎を広げておくことはかみ合わせで悩んでいる方もいるのですし、頑張ってもらわないと・・意味はある~~と思ってやってます。

 

というかよくわからないけどね

 

ですが、こう書いてあります

 

矯正歯科とは単に歯並びをきれいにするだけでなく、歯の周りの組織(歯、顎、筋肉、神経)をバランスよく保つことにあるそうです。

拡大床は歯を押して外側に傾斜移動させるものという位置づけだそうで、メジャーな治療法ではないそうです。そのため長年付けていた人のなかにはかなりのダメージを受けている方もいるようです。

ということで・・

 

現在床矯正中の娘に舌や口の運動も追加してます。バランスよくということで、固いものを噛まなくなった人間なので、噛むという練習をする器具もあるそうです。

 

使ってみて歯並びはどうなったかまたレポートしたいと思います。これで歯並び良くなればラッキーなのでやってみたいと思います。

 

どうして歯並びが悪くなるのか?

食べ方や癖、幼少時の指しゃぶりや虫歯が影響しているようです。顎が発達せず歯の隙間ができにくくなります。

食事中の姿勢など

  • 足が床についていない
  • 柔らかい食べ物
  • 短時間の食事

  • 口呼吸
  • 頬杖
  • 指しゃぶり
  • 爪や口を噛む
  • 舌の位置

 

指しゃぶりは娘が2歳頃に直すのに苦労しましたが、あっさりとなおったのはこのマニキュアのおかげでした。

 

このバイターストップをぬること2回でパッタリやめました。悩むことなくすぐ使うことをお薦めします。娘は長くおしゃぶりしてしまって、ホッペに傷がつきました。はやく知っていればよかったのにと後悔しました。

残念ながら5Mlタイプはまだないようです。

その他は乳歯での虫歯で臼歯を失った場合は、通常より手前に大人の臼歯が生えてきて、隙間が狭くなってしまうことや遺伝で歯が多い場合など、隙間が不足するようです。

 

まとめ

床矯正のことで悩みつつ、まだ使い続けています。でも使うなら8歳まで・・9歳になっても使い続けることは絶対ないと思います。使い続けることによる弊害の方が怖いかも。外に押し出す装置を使い続けて、他の筋肉や神経のバランスが保たれなくなった場合は、やばい状態になって、矯正専門医の扉をたたくことになるでしょう。はじめから矯正は矯正専門医にまかせ、それでも口コミも仕入れることはしなくてはいけませんね。

そして舌や口まわりの筋肉を鍛えること・・これは私もしたいです・・。ホウレイ線も消えるかもしれませんね。(´ー`*)ウンウン

そして食べ物は良くかませること・・早食い禁止にしたいと思います。

あと悩みは乳歯がグラグラしているけど中々抜けないのです、床矯正を付けているせいで抜けるのが遅くなっているのではないかな?と思うんですけど・・。これは状況を見て対策しないといけないのかな?床矯正24時間つけているので・・・どうなのかしら?抜けるものは抜けるよね・・。

また悩みをぼやきたいと思います。




にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 家族ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へこのエントリーをはてなブックマークに追加
いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)

コメント