ヴォロネジとラモニに行ってみた(旅犬フレブルボニー)

お出かけ・旅

突然ですがヴォロネジ(Воронеж)に寄ってみました。カフェで検索して行った所が家具屋・・・結構渋滞してて車が動かない。寝てないし疲れてまた車でバーガー食べました(笑)街の感じはどの街も似たり寄ったりという感じでした。湖沿いで食べたらよかった。

ヴォロネジ

モスクワの南西400キロのところにある街です。95年のモスクワ郊外という感じの街並みだそうです。ちょっとゆっくり喫茶店でしようと思ったけど・・結局はダメでした。車止めたいところで止められないし・・。ボニーもいるから車に置いて出れないですからね~~。ご飯は難しいです。

クラスノダールから北に1000キロ・・メチャクチャ寒い。半袖半ズボンで出たので、凍えてました。

アシャン等のモールがあって教会や像があってという感じです。(アシャンの真横に教会があったりしました)ついでにラモニ(Рамонь)にもよってみました。

車から銅像も撮ったけどピントがずれてたり(笑)

詳しくはWIKIでどうぞ

写真がちゃんと撮れていないからめちゃ端折ります(笑)

 

ラモニ(ドヴォレツ・プリンツェッシ・オリデンブルグスコイ)

静かなのでちょっと休憩。街中は落ち着かない・・というか車が進まず疲れただけでした。車でしばし爆睡。

そして散歩です。寒いからさっと散歩。ヴォロネジから20分くらいで到着しました。

ドヴォレツ・プリンツェッシ・オリデンブルグスコイまで行ってみました。人少ない、散歩にはいい。でも犬禁止でした( ノД`)シクシク…

月、火曜日休みですね。

1887年に移り住んできたお金持ちの女性がここを土地を買って建物も造り出した。結婚したのち息子が誕生。そしてロシア初のお菓子工場も作った。海外にも人気のお菓子、この村の人たちの生活が良くなるように病院なども作ったりした。この夫婦の息子がニコライの2世の妹と結婚した。のちにこの女性は逃亡生活を送ることになる。フランス、カナダなどで暮らした。

悪いことを自分がしたわけではないのに、親戚のせいで逃亡生活を送らなといけなくなったという辛い現実。

ニコライ2世が埋葬されているところはかの有名な血の上の教会ですね。

門番?(笑)

修復中だけど暖炉周りしか出来ていないようです。入場料は100ルーブル

庭もしっかり管理されてます。タバコ、犬禁止です。

ここまでだよーー。おじさんにもダメと言われたボニーですwここまで・・ここまで・・。

とにかくまだ寒い北部です。

 

 

ボニー爆睡です。皆も爆睡しまた出発。

 

送料無料 犬用シートベルト ペット用シートベルト ドライブ 車専用リード 安全 安心 お出かけグッズ ワンちゃん 猫ちゃん 乗車用ベルト

価格:300円
(2018/6/9 07:21時点)
感想(46件)

旅犬必需品ですね。




にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 家族ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へこのエントリーをはてなブックマークに追加
いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)

コメント