2日目は終業式でなくて卒業式だった。

ロシアの学校や幼稚園話(娘)

終業式2日目と思って行ってみると、違う校長が話すと言っていたのに、同じ校長がスピーチ。そして9年生と11年生の受け持ち先生のスピーチ。1年生の時の担当の時の先生のスピーチ。

ということは卒業式なの?

終業式でなく卒業式?やっぱりよくわかりませんが、どうみても卒業式やね。

スポンサーリンク

ロシアの9年生は以後専門学校に行くようです。11年生は働いたり大学行ったりさらに専門学校に行ったりするらしい。昔は高校と同時に大学に行くという試みもされていたようです。今もあるのかな?日本でもいろいろパターンはありますから同じでしょう。

それでも今からテストがあったりするようなのですが、先に卒業式をしたということなのかもしれません。はっきりわからない・・・💦(わからないのはいつもの事ですが・・・)

そのあとはいつもの・・。

お茶会

今回はそれぞれ持ち込みするのではなくケーキを購入して、それを食べて終了でした。いろいろ覚えたセリフを発表しました。

結構大きいケーキです。

そして親にもありました。あなたは頑張っていい子に育てていますともらいました。(感謝状的な)そして1年生終了の紙をもらいました。夏があなたを待っている、明るいあたたかな夏が、早く起きなくていいし、テストもないし、楽しいお休みを・・・

お礼にピアスを渡そうと思い持って行ってました。

手作りピアスです。お茶会も終わり11時には帰宅しました。

と思っていたら・・・娘から渡すはずが・・・バックに入りっぱなしで・・渡していなかったようです。しかもおり鶴も渡していない・・。あーあ(ノД`)・゜・。

はあー。どうしようか・・・。先生にだけ渡すことになるのかな?けど・・仕方ない。

さて夏休みの宿題は・・。

  • 掛け算を覚えること
  • 毎日本を読むこと

この2つでした。

うちも掛け算は頑張って覚えよう。




にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ このエントリーをはてなブックマークに追加
いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)

コメント