ロシア世界遺産、西コーカサス(西カフカス)の旅

お出かけ・旅

世界遺産西コーカサス山(カフカース)はユネスコの世界遺産に登録されています。今回の旅は前回途中で引き返したために行けなかった世界遺産です。Oshten山・Thach山・Fisht山・Dolmen・Guzeripple・Lago-naki。6つに行き、1つ見ることができました。コーカサス自然保護区(博物館)(ドルメンが大きいわ)その他にも洞窟、渓谷など見てきました。この旅で久しぶりにロシアが好きだったことを思い出しました。

モスクワからのルート

ここまで見に行きたい方のため、モスクワからカメノモストス(Каменномостский)までのルートを紹介します。

先ずはモスクワからクラスノダールまで飛行機で又は電車で行かなければなりません。電車の場合は12時間かかります。

飛行時間は約2時間です。

チケットの値段はどちらも約7千円からです。(2019年2月)

次はクラスノダールからカメノモストスキーまでいかなければなりません。クラスノダールからカメノモストスキーまで毎日バスが出ています。バス乗り場はKrasnodar 1駅の横にあります。

クラスノダールまで飛行機で行かれる方は、空港からKrasnodar 1駅までタクシーで行くことをお勧めします。

ロシアへ行く前にYandex Taxi(ヤンデックスタクシー)というアプリをダウンロードして準備しましょう。英語バージョンがあるので大丈夫。

 

クラスノダールまで電車で行かれる方は、Krasnodar 1駅についたら駐車場を渡って、バス乗り場にいきましょう。

このバス乗り場からカメノモストスキー(Каменномостский)までバスで約4時間です。

チケットの値段は約800ルーブル(1500円)です。

車だと2-3時間でつきます。

2-3人で行くならクラスノダールからカメノモストスキー(Каменномостский)までYandex Taxiタクシーで行ってもそんなに高くつかないはずです、片道だと約6000円でいけます。3人だと1人2000円くらいなのでお薦めです。

カメノモストスキー(Каменномостский)では安く泊まれるので、ネットでホテルの予約をしましょう。booking.com ←検索フィルターを用意しましたので、どうぞご利用ください。

ホテルに着くと周辺の観光スポットのツアーを予約できます。ホテルで確認しましょう。

西カフカス世界遺産の自然(Lago-nakiラガナキ)

 

自然保護区に毎年14万人がハイキングに参加しています。行程は3日だそうです。時期がまだ早くて1mの雪が積もっており入場は徒歩で1㎞程しか進めません。そこまででも膝までの雪が積もっているので装備不足で入れませんでした。

ここには200年前にヨーロッパ地方で見られていた植物などが保護されており見ることができます。そしてチーターも保護されています。スタッフも保護はするけど、ほとんど接触することがないように保護しているようです。こういうところはロシアの素晴らしいところですよね。

さてこの登山は数か所からすることができます。ここからはただ単に車で入場するのなら、大人300ルーブルでした。子供は不要。

ここまで来てまた入れなかった。ちゃんと調べてからといってもホームページにも書いてないので出来ませんから、仕方がないですけどね。6月くらいからなら入れそうですね。それでも見ることはできますよ。

 

歩いて降りられない崖です。

何のガードも建てられてません。

それでも皆一番高いところまで行きます。落ちないように気を付けなくてはいけません。そこでもシャシリクするロシア人はいます(笑)

そしてやはりゴミは持ち帰りません。ホイルが木にぶら下がっていたりしました。あとは願掛けの紙やビニールが木に結んであります。所々ゴミは落ちていました。とても残念ですが悪路なのでそこからどうにかしないといけませんね。

皆行きたいけどいけない。そして道路は穴ぼこだらけ

突き当りの場所で300ルーブル払って入場できます。そこでツアー申込もできます。道路事情がまだ良い博物館からのハイキングの方がいいかも?その博物館からでもハイキング申し込みできます。

本当にここに来るまでの道路はガタガタです。州をまたいでいるからなのかな?

博物館に向かいます

 

 

Кавказский заповедник(コーカサス自然保護区)

Большой Гузерипльский Дольмен(支石墓)

一番大きい支石墓だそうです。以前も黒海海沿いのドルメン(支石墓)を見ましたがそこは小さかったのです。

ロシアのパワースポット  пшада(プシャダ)
ロシアのパワースポットに行ってみました。探してみると何か所もあるんですが、このあたりだと黒海あたりに多いみたいです。なぜパワースポットに・・・(笑)旦那の副業中に・・・後ろから なんか変、オーラが遮断されてるみたい。はっきりわからないけど等...

このドルメンのそばによると磁石が動かなくなります。不思議ですね~~。屋根の部分だけで2トンあるそうです。調べてもだれがどんな目的で作ったのかもはっきりしていないようです。

Веревочный парк Гузерипль(フィールドアスレチック)

この公園の中にはフィールドアスレチックもあります。早い人で15分、遅くて1時間かかると言われました。私は40分かかりました。3日目にして筋肉痛です。

大人コース、子供コース、家族コースがあります。大人コースで400ルーブル、子供コースが100ルーブルです。

 

Музей природы(博物館)

殆ど人がいません。やはり時期は6~8月なんでしょうね。夏休みここで過ごすとよさそうです。

ここはヨーロッパバイソンの紀元(少なくなっている頭数を増やしているところです)

絶滅危惧種など貴重な植物(コーカサスモミなど)

まとめ

西コーカサス(カフカス)は自然豊かな場所です。人が管理している場所でも植物を取ったりする人もいるそうです。モラルが求められますね。ですが一旦管理外に出ると、ゴミや悪路などが続いている場所です。ゴミの管理も徹底してもらえるとすごくいい場所に変わりますね。またこの場所はサイクリングしている人も多い場所です。バイクやサイクリングで温泉に浸かってという癒しもいいですね。

ドルメンロシア語説明はこちら

コメント

  1. こういった自然あふれる場所は本当に国問わず良いものですよね(^^♪
    そんな景観をしっかり守るためにもゴミはしっかりと持ち帰ることが世界一般になるようにしなければですよね(*´ω`*)

  2. ビー玉 より:

    私もこういうところに住んでみたかった・・・生活を立て直すのも大切ですからね・・・夢はもう少し後のお楽しみってことで(((uдu*)ゥンゥン

  3. NickNick より:

    ロシアもきれいで気持ちの良いところがたくさんあるんですねー。気持ちよさそう。いい旅行でした。ゴミはどうにかしてほしいけどね。