娘の日本語勉強と私のロシア語勉強。そして2年生の娘のお手伝い(プリン作り失敗。親の失敗)

連日暖かい日が続いてます。22度暑い~~冷房入れてと繰り返す娘ですが、だけど節約まだまだ入れません(掃除はしたけど)。薄着になればいいだけと教えます(笑)さてやっと咳も止まってきて学校も再開です。私もロシア語勉強再開してますが、やっぱりすぐ忘れる単語です。そりゃ年齢からすると厳しいですが、繰り返し単語勉強です💦。そして娘のお手伝いなんですが、私が失敗してたら話になりませんね💦

娘の勉強

「2年生までなら漢字だけはしっかり覚えてたら何とかなるんじゃないかー」と助言してもらっているので、今は2年生の漢字はほぼ毎日繰り返し書かせています。半分くらいは覚えたかなきっと。あとは出てこない単語を教えるということとアニメを見せる、日記で間違い直しということをしてます。1年生の国語、読解力を使って読む練習そして2年生の教科書ワーク。無理せず少しずつ・・。読むだけでも意味あるよねきっと。ちょっと無理だなと思ったら1年生の簡単な問題をやり直したりしてます。それは無料プリントを使っています。

スポンサーリンク

その他は、寝る前に物語読んだり歌を歌ったりしてます。(歌を歌うと寝なくなる)特に森のくまさん輪唱になるとずっと繰り返してます(笑)これで何とかなるかしら?時間がなかったりするとYouTubeの読み聞かせを使ったり、本当に便利な時代ですね。これ一昔前だったらすごく苦労してたんだろうなと思ってしまいます。

便利になったとはいえ、海外で自力で国語勉強は難しいですね。家に入ったら日本語でと言っているけど、ロシア語で考えたり言ったりしてます。私も単語の勉強になっていいんですけどね。それを日本語に変えてみたり、日本語での意味を教えたりしてます。またどちらも中途半端です。

日本でだと、これを逆転させないといけません。家ではすべてロシア語にするつもりです。私がついて行けるかな?心配やーー。私も娘の横で単語勉強です

私のロシア語勉強

 

最初はこれで勉強してました。

例えば中身はこんな感じ

絵がついていると覚えやすいですね。

2年生の娘のお手伝い

そうそう、前回お仕事体験に行った娘ですが、そのあとは「ピザ作る、作れるよ」としつこいので、一緒に作りました。2年生(ロシアでは9月から2年生)のお手伝いですね。ソーセージ焼いたりはしてますし、ボニーを洗ったり、おふろ掃除、自分の洋服整理などはするように言ってます。まあ時々ですけどね。気分が乗らないとぽいっですから・・。やる気がある時させるで成長するかな。

 

コネて寝かせて、生地伸ばしてソースのせて具をのせてチーズのせて焼く。

出来上がり~~。でもこのあと、突然風邪で気分悪くなり、自分で作ったのに食べれなかったむすめ。ゴメンね、いただきます。すみません。

「ちょっとでも食べたら?」と言ったけど、やっぱり気分悪くなって食べれない。

でも作ったので満足だったのかな?仕方ない、突然風邪ひきますからね。季節の変わり目お気をつけて。

ボニーは下からそれ食べれるの?と眺めてます。匂いがねーー。ごめんよボニーこれは食べれない。ささみをあげましょう。

風邪が治って今度はプリン作りがしたいと言いだしまして、プリンを作ったんです。

ちょっと?失敗しました。

何を失敗したかというと、カラメルがアメになってしまった。砂糖40g、水大さじ1、お湯大さじ1・・なにが悪かったんだろうか?教える方に問題があるといけませんね。( ノД`)シクシク…砂糖が多すぎ?30Gにしてみようか・・。(-ω-;)ウーン




にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)

あわせて読みたい

8件のフィードバック

  1. チェブラーシカ より:

    2年生までなら、漢字も比較的覚えやすいので、その漢字をできるようにしておけば、大丈夫です。
    また、掛け算九九も言えるようにしておけば、日本に戻ってからも大丈夫です。
    日本語の九九は、世界で一番覚えやすいように工夫されていると思います。
    5×1=5が「ごいちがご」と短く言えます。
    ロシア語で覚えてもいいですが、日本の学校だと、先生や友達の説明では「ごいちがご」と言うので、そのまま日本語で理解できるレベルにしておくと怖いものなしです。

    そして、日本に帰ったら、家の中はロシア語でという考えもとてもいいです。
    お母様がロシア語で話すのが難しくなってくれば、お父様と話す時はロシア語で、お母様と話す時は日本語でとすると、両方の言語が育ちます。日本に戻って、ロシア語を使わないと、すぐに忘れてしまう年齢なので、お父様とたくさんロシア語を話したり、読んだり、書いたりすると、いいです。
    帰国時期がいつになるか分かりませんが、3年生になると、抽象的な考え方が求められるので、そのあたりで壁にぶつかる場合があります。
    3年生の時期は、日本で育った日本の子供でも9歳の壁と言って、難しい時期です。
    日本語もロシア語も中途半端だと抽象的なことを考えられなくなるので、日常会話ができても、授業で使う日本語の理解が難しくなる場合があります。もしそうなったときの対処もあるので、その時に教えてください。

    • Pinpin より:

      こめんとありがとうございます。忘れずに済むように頑張って行きたいと思います。

  2. えたばりゅ より:

    やっぱりロシアでも、日本の箸と橋みたいに発音が似ていても全く指すものが違う言葉ってあるんですね(^▽^;
    マトリョーシカはやはりマトリョーシカだったんで、なんか安心しました( *´艸`)

    お嬢様、ピザ作れるって凄いですね(^^♪

    • Pinpin より:

      お手伝いが流行っているんですよね。マトリョーシカはマトリョーシカ。タクシーもそのままタクシーです。そのまま使うものって結構あるんですよね。

  3. NickNick より:

    海外にいると、日本語の勉強もなかなか大変ですね。でも、きっとお嬢ちゃんは喋りについてはもうすっかりバイリンガルだね。羨ましい。

    • Pinpin より:

      しゃべりはOKです。ただ間違って使ったりすることはまだまだ多いので、もう少し頑張りたかったなーとは思うんですよね。(;O;)

  4. りょうこ より:

    プリンやピザ美味しそうですね!ピザせっかく作ったのに具合悪くなっちゃって可哀想。でも治って良かったです。うちも長男が風邪ひき始めです。日本語、私もがんばったなぁ。遠い昔ですが。。。うちは苦労しました。娘さん、ママと一緒にいろいろするのが好きだから苦にならない感じですね。

    • Pinpin より:

      おいしそうだけど、アメになっちゃったwwこれも美味しく食べてくれたからいいんですけどね^^大丈夫ですか?男前さんだったよね。日本語頑張った秘訣は何でしょうか?子供たちにはどうしてます?通信教育とか?それとも日本人学校とか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です