犬の避妊手術のメリットとデメリットを考えてみた。

何だか体調がすぐれないのです。また手のひらの皮がむけだしたり、膀胱炎になったり肌のトラブルも多くて・・・これって更年期による免疫力の低下?なんではないかなーー。なーんて思ったりしています。もしかしてボニーの皮膚病もそうなのかもしれないですね。小さい時に避妊手術をしたがためにホルモン不均衡症状がでていろいろ肌にトラブル・・・なるほどなるほど。ちょっと避妊手術について考えてみたいですね。

スポンサーリンク

避妊手術とは

 

子宮と卵巣を取る手術のことをいいます。飼い主なら皆悩む手術ですよね。良かれと思って決めたことですが、もしかして・・なんてことも考えたりするわけです。そこでメリット・デメリットを考えてみました。

メリット

 

  • 生理が来なくなる。妊娠する危険はない(半年に1度ほど)
  • 出産の危険がない
  • 乳がんや子宮の病気などにかからなくなる
  • 発情によるストレスがない

デメリット

 

  • ホルモンが生成されずホルモンバランスが崩れることで様々な症状が起こる
  • 全身麻酔による危険
  • 術後合併症
  • 血管肉腫の確立に羅漢する確率があがる
  • 移行上皮癌の発症率が上がる
  • 膝の十字じん帯損傷の発症リスクがある
  • 尿失禁
  • 糖尿病
  • 急性膵炎
  • 免疫系疾患
  • 繁殖できなくなる
  • 太りやすくなる

子供を作らないなら生理がくる前に避妊手術した方がいいと獣医に言われてボニーもしたわけです。でも迷っているうちに1回だけなったんですよね。しなかったらこんなに皮膚トラブルがおきたりしなかったんでしょうか?人間に置き換えると、生まれてきた女の子・・20歳を迎える前に卵巣・子宮をとってしまう。取ったら生理はもちろん子供もできません。そのかわり子宮に関する病気にかからなくなるというメリット?を教えられたりしました。ですがホルモンでおこるトラブルなんかは何にも教えてくれませんよね。やはり人間と同じなんではないかな?なんて今更ながら考えている私なんです。

まず妊娠する可能性についてはいつも飼い主がそばにいるわけですから妊娠することはない?ですが、それによる飼い主と犬のストレスがあるだけです。半年に1度ほど10日間・・・年間20日間だけの辛抱。あれ?意外と短い 20/365です。でもヒート期間は以外と長いんだそうです。2か月も続いたりするそうです。そうするとタカだか少しのストレスでは済まなくなってきますね。では病気はどうなのかな?もしかしてならないかもしれない・・・なる可能性はどれほどなんでしょうか?

乳がんになる確率は手術したしないでの確率は1パーセント未満と4,5パーセントほどだそうです。ですが子宮蓄膿症は25パーセント(10歳までに)かかる確率があるそうです。結構確率高いんですね。犬種によっては10パーセントから50パーセントと差がかなりあるので、何とも言えませんが、発症リスクはなくなるわけです。生殖器の悪性腫瘍も卵巣7パーセント程度、支給は2パーセント程度となっているようですが、摘出すれば0%です。

おわりに

 

犬種によっては50パーセントと言われてもフレンチブルドックが何パーセントなのかは調べてもわかりませんでした。ですがやはり、中高年になると発症リスクはグッと上がってくるようです。発見してからすぐ対処(手術)できればいいのですが。遅れると命取りですね。そしてこの病気は誤診も意外と多いようです。無意味な手術をしなくてもいいように、手術経験の多い、経験のある信頼できる獣医を探しておくことも大事なのですね。

私はまだここで信頼できる獣医は探せていませんが・・・( ノД`)シクシク…

免疫系疾患に対してもリスクは上がるようですが、確かにボニーみたいにアレルギーになってしまうと、手術してとったからかな?なんてことを私も考えるものです。

でも今心臓も悪いボニーが、子宮を温存していて子宮蓄膿症を発症してしまった・・と考えると、やはり小さい時に手術しておいてよかったのだなと思うのです。




にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)

こちらの記事もどうぞ

ロシアと犬 犬とシベリア鉄道旅は苦労するよ!シベリア鉄道でモ...
シベリア鉄道3日目から7日目 イルクーツクからモスクワ
ロシアの首都モスクワ到着。そこからクラスノダールまでまだまだ...
ロシアの動物病院にボニーを頼むか 帰国時の問題
今日も快晴 上着要らず ボニーのお股は・・
フレンチブルドックでしょ?臭い女王
変顔 愛嬌はありますね
動物病院に行ってきました ロシアの動物病院編
犬の散歩 道草 マダニの季節です、対処法をきちんと行わないと...
ボニー9歳おめでとう 旦那とあやしい関係 С днём ро...
給料が入ってこない・・(;´д`)トホホと近所の野良犬
血尿(ストルバイト)と思ったら違った、犬も赤い尿が出る。こ...
おっぱいが腫れてきたボニー、しこりはないから大丈夫?
ボニーは猫とまったりな時間というよりぼんやり?私もアレルギー...
ボニーの皮膚病とブロッコリースプラウトで免疫力をあげてみよう
フレンチブルドックとエスカルゴ?カタツムリが大量発生
フレンチブルドック(短頭犬種)と飛行機。国内ならANA。20...
フレンチブルドックと飛行機。短頭犬種が乗れる飛行機は?海外編...
ビザ書類がスムーズにいきました。気持ちも天気も晴れ晴れ
暑がりのボニー・・私寒いんですけど。散歩へ出かけました。

6 thoughts on “犬の避妊手術のメリットとデメリットを考えてみた。

  • 2017-11-27 at 9:45 pm
    Permalink

    子宮蓄膿症、そして乳腺腫瘍は不妊手術をしていないと、本当に高確率でなりますよね(T▽T)
    施設の子たちも、保護された女の子は結構な確率で乳腺腫瘍は持ってますね(T▽T)

    Reply
    • 2017-11-28 at 1:19 am
      Permalink

      コメントありがとうございます(^0_0^)やっぱりそうなんですか?データを見た限りでは蓄膿症の方が多いのかなと思ったんですが・・乳腺の方が多いんですね・・・。

      Reply
  • 2017-11-28 at 6:18 am
    Permalink

    デメリットもけっこうあるんだね・・避妊は悩むところで、私も避妊がすべて正しいとは思ってないんですが、我が家の猫らには受けさせました。そのかわり一生何があってもお世話する覚悟です(; ・`д・´)

    Reply
    • 2017-11-29 at 10:20 pm
      Permalink

      コメントありがとうございます(^0_0^)そうですよね、皆悩んで手術するんですよね。ボニーも結果よかったのかな・・とは思ってます。

      Reply
  • 2017-11-28 at 9:44 pm
    Permalink

    ペットを飼ってないので、避妊について聞いたことはありましたが、そんなに悩ましいとは知りませんでした。難しいところですね。

    Reply
    • 2017-11-29 at 10:21 pm
      Permalink

      そうなんです、ボニーの事でずーと悩んできてます・・でもそれが普通なのかなとも思いますけど・・。でも大変や~。

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!