フレブルボニーの皮膚状態は悪いけど、フロントラインプラスするべき?

昨日はシャンプーの日でした。薬用を使うかオーガニックを使うか迷いましたが、薬用に決定。ボニーの膿皮症は赤みはないものの・・でもまだ毛がボロボロ取れる状態。まだかゆみ止めと抗生剤を飲んでます。オーガニックがいいとはわかっているものの常在菌に負けてしまうくらい皮膚がボロボロ。もともと皮膚が丈夫でない、そしてフレブルの中でも小さいころから皮膚病のオンパレードのボニー・・。そして最近は老化による免疫力の低下・・。いろいろ迷います。

目次

スポンサーリンク

フロントラインで悩む

クビに巻くタイプのダニ予防をしばらく試したりしてましたが・・やはり効果はないのがわかりましたし、フロントラインに戻しましたが、ちょうど今1カ月ほどたつんですが・・膿皮症が悪化しているのでフロントラインはしばらくできないし、これも皮膚病の原因かもと思い・・どうしたものか?と悩んでいるところなのです。

ボニーの皮膚にフロントラインがあわない?悪い?とも思うけど・・ダニにも悩まされているので色々本当に悩む所です・・

フロントラインプラスの注意書きにはスポットオンタイプで、滴下された成分は体表の脂分を伝わって全身にゆきわたり、皮脂腺に蓄えられ、皮脂とともに再び体表や皮毛に放出、ノミやさらには卵まで駆虫するとあります。

膿皮症は毛根からごっそり毛が抜けてしまうのです。やはり無関係ではないかな?と思いますよね。

今の皮膚ボロボロのボニーには害になるかもしれない・・

本当に悩む。効果はあまりないけど首に巻くタイプにしようーー。やっぱり。

愛犬家は皆悩むんだろうけど・・ここ9年悩み続けているんですけど・・・(ノД`)・゜・。

 

ボニーと野良たち

 

ほのぼの情報交換中なんですが・・こういうのんびりした姿がしばらくボニーと見れなくなるかなー。

微妙な距離感です。しばらく駆虫しないので距離を置かなくてはいけないですからね。

まとめ

フロントラインにフィラリア、ワクチン、狂犬病。いろいろありますが、アレルギー・皮膚病の絶えないボニーには重荷です。様子を見ながら再開という形に持って行きたいと思います。やはり駆虫剤、身体に負担はかかりますし弱った体には何が起こるかわかりませんから・・

ワクチンしてふらつき、意識消失したこともあるんです。(ショック状態)

暫くはノラちゃんには挨拶なし寄り道なしでの散歩にします。




にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加
いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です