赤広場観光してきました。ワールドカップ中の便乗値上げ

お出かけ・旅

赤広場(Красная площадьクラスナヤ・プロシャド)に家族で行ったときは、娘が座り込みしまして観光できませんでした。小さい子供向けではないですからね。今回は悪度カップ中ということもあり、サッカーファンたちも大勢いてちょっと違う雰囲気でした。セキュリティゲートも増えていました。

そして武器庫への入場は時間内でも、扉に鍵がかかっていて入れなかったという・・( ´∀` )しかもレジの時間でもう終了とも言われました。観光するなら早めに入場した方がよさそうです。

赤広場の意味

このクラスナヤ・プロシャド(赤い広場)ですが、クラスナヤとは美しいという意味もありますが、現在ではクラシーバヤ(美しい)の方を使いますので、意味としてはやはり赤広場です。

門から入る前に交代式がありました。

奥の方にあるのがチョコレート色の国立歴史博物館です。18世紀に建てられたモスクワ・バロックと言われるスタイルで、建物自体が歴史的建造物。ロシアの紀元前から20世紀初頭までの歴史的な価値あるものが展示されています。

ヴァスクレセンスキー門を通り抜けて広場内に入ってみました。像の向こう側がその門になります。こちらからは門を通らずに広場へ行けます。

その横に博物館があります。広場から入場しましたよ。セキュリティがもちろんありました。

広場に面して左手には「カザン聖母聖堂」。ソ連時代の宗教弾圧により破壊されたものを1993年に当時の姿をそのままに再建したものです。もちろん入場無料です。

赤の広場の一片に長く沿って建てられた、左手にある宮殿のような佇まいの「グム百貨店」は内装も美しく、テナントには世界中の有名ブランドや、ソ連時代を思わせる食材店が入っており、見て歩くだけでも楽しいです。私たちは50ルーブルのアイスだけを買いに入りました。

 

張り紙が見えず買ってしまった。去年は混んでました。

下は今年ですが・・・値段がかわっているーーー。

小さく張り紙があって見えず、200円でアイスを買ってしまった・・・💦

知らなかったおばちゃんが、いつ元に戻るの?と怒っていました。便乗値上げが大問題のロシアですね。

街中では500MLのビールが30000円でとらぶるになったこともあるそうです(・・?そして現在は800円で落ち着いてます。高すぎ~~。

 

広場の一番奥に見える、おもちゃのようにカラフルな玉ねぎ頭で有名な聖ワシリー大聖堂は、世界でも有数な美しい建造物として知られた世界遺産です。

これにクレムリンやレーニン廟を見学すると、1日では回りきれないほどの、盛りだくさんの観光名所ですよ。

クレムリンに入るなら500ルーブル、武器庫は別料金で700ルーブルかかります。子ども(17歳まで)が無料になるのは第2火曜日です。※武器庫は無料になりません

 

最寄駅

最寄駅は、赤のラインのアホトニィ・リャド、緑のラインのテアトラルナヤ、青のラインのプロシャード・レヴォリュツィ駅
観光客が最も多い場所の一つなので、スリなどの犯罪に遭わないように、十分に気をつけて楽しんでくださいね




にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 家族ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へこのエントリーをはてなブックマークに追加
いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)

コメント

  1. ビー玉 より:

    おはようございます!!いや~ロシアって私が思っている以上に綺麗~(´艸`*)
    おとぎの国みたいですね!!恐ロシアだけど(;´∀`)

  2. NickNick より:

    あれ、ボニーさん、ロシアに住むようになってまだ2年なんですねー。もうずっと住んでおられるんだと、勝手に思ってました。

    • Pinpin より:

      コメントありがとうございます(^0_0^)そうなんです、いろいろ準備してきてみたけれど、やっぱりロシアはオソロシアだったとういう話をしているところですww身に染みて日本はいいわと思うこの頃・・でもモスクワ行ってみたらあれ~~意外といいかも・・なんて思って、ここには帰りたくなかったという(‘Д’)住めば都・・なかなか難しいです