肺炎そして心不全と診断されました

ボニーの調子は悪いまま、ご飯も食べてくれません。疲れと風邪かもしれませんが、とどめは子供たちとの水遊びだったかもしれません。

スポンサーリンク

近くの病院が日曜は開いていないので様子を見ていました。ずっとケホケホと咳をして苦しそうです

昨日やっと病院へ行きました。この近辺の村に1か所しかないのでどうかな?と思って行きましたが、意外にしっかり見てくれました。

食べれていなかったので、体重も減少していました。全身見てくれて「レントゲン撮りましょう、他にも原因があるかもしれないから」

レントゲンの結果は「心不全と肺炎です。心臓の方は3日間と抗生剤は10日間注射してください。心臓は元々悪かったのかもしれないですね」と言われました。

え?心臓!!

もともと悪かったのかな?こちらに来るときに健康診断もしてもらったけど何も言われたことがない・・年齢的なものなのかな!?

心不全って?

心不全は血液を送り出す働きに異常が生じる病気で、最初はあまり症状が出ないそうですが、聴診では心臓に雑音が生じます。だんだんと咳が出たり、運動や散歩を嫌がったりして、立ち止まることが多くなるようです。そして疲れやすくなります。また、症状が進行するとチアノーゼや散歩中に失神したりすることがあります。一日中咳が出て、食欲がなくなることで体重が減ります。呼吸困難がみられるような場合は、かなり進行した状態になっているようです。

ボニーの場合は肺炎で症状が悪化したのかもしれないということです。様子をみて必要なら薬を続けるか症状が出た時に対応してもいいとのことです。

症状としては心臓から肺へ血液が流れますがその際 肺に酸素を供給します。心不全は特定の病気ではなく、心臓が正常に血液を体内に送り出すことができない状態になり、いろいろな症状を引き起こす総称です。心臓の症状によって原因も異なります。多い症状としてはフィラリア症、慢性心不全(僧帽弁閉鎖不全症)といわれる心臓弁の異常、心臓周辺の血管や筋肉の異常などがあげられます。まれに事故や、心臓以外の血管異常や他の病気での貧血などが原因になることもあります。

ボニーの場合ストレス、風邪からの肺炎、るい痩などが原因になったのかもしれません。様子を見て治療を考えないといけません。肺炎が治っても症状が同じなら安静も必要でしょうね。

原因や心臓病の種類によって症状も違うので治療方法は異なります。心電図やX線、血液検査、超音波診断など様々な検査が必要となる場合もあります。内科的治療では強心剤や利尿剤、血管を広げる薬などを投与し、進行を抑えて病状を安定させます。運動制限や興奮させないよう安静を心がけ、静かに過ごせるように生活環境を整えます。食事療法も有効で、塩分を抑えた処方食を与えることもあります。心不全の治療は長期にわたる場合もあります。早期発見で早く治療ができれば心臓の負担を軽くすることが可能です。

ボニーの場合も食べないからと塩分も多めにあげていましたが、すこし控えないといけません。

この治療と肺炎の治療も同時に行なわないといけません。10日間の抗生剤です。

昨日は先生が5本もしてくれまして、夜からは3種類自分でしていますが、注射場所によっては飛び上るボニーです。足より首が痛くないようですが、マイクロチップが入っているので大丈夫かしら?と思い中央付近を少しずらして注射して2日目です。

呼吸も落ち着いてきていますが、利尿剤が入っているので粗相してしまい、今はオムツ着用中です。でもしっぽがないからずり落ちちゃうんですよね。

フレンチブルドックのオムツって脱げて難しいですよね。ボニーは特に小さいのでサスペンダーなども試したけど、結局できないことが判明。とうの昔にあきらめていたんだけど 寝ていたら何とか粗相防止にはなりました。おしっこしたらストンと脱げていました。

楽になったボニーをみてさらに反省!!お義母さんに「ボニーはかわいそう」と言われてさらに落ち込むボニーママなのでした。

どん底だったんですが、少し楽そうなボニーを見てしっかり注射しています。救いはしっかりした医者がいたことです。本当によかった・・エコーなんかもありますし、いろいろ普通の病院です

10日間の注射痛いけどしないと治りませんから頑張ります。



いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)
にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もどうぞ

ダンスの靴 チェシキ
まだまだ見守り必要です(笑)
野良犬と鳩と子供
最近のボニー
ロシア人もびっくりのフレンチブルドック散歩
パグに挨拶 
迷惑そうなボニー
ロシアの動物病院にボニーを頼むか 帰国時の問題
今日も快晴 上着要らず ボニーのお股は・・
今日は暖か ボニーは帰路を急がずゆっくり散歩
今日もいい天気 日向ぼっこ
ロシアのフィラリア予防はいい加減 ??なロシア生活
リンゴ酢をリンスにしてみようか。ロシアのドライヤーはすぐ壊れ...
動物病院に行ってきました ロシアの動物病院編
犬の散歩 道草 マダニの季節です、対処法をきちんと行わないと...
フィラリア予防薬をもらいに動物病院へ 所変われば品変わる、で...
血尿と思ったら違った、犬も赤い尿が出る。これをビーツ尿と呼...
おっぱいが腫れてきたボニー、しこりはないから大丈夫?
フレンチブルドックとエスカルゴ?カタツムリが大量発生
モスクワ近郊でお墓参り。そして実家のネコ

4 thoughts on “肺炎そして心不全と診断されました

  • 2017-08-08 at 12:05 pm
    Permalink

    こういう時はポジティブに(^^♪

    飼い主様の感情、愛犬は敏感に感じ取ります。お辛いところでしょうが、
    ここはボニーちゃんのためにも。

    それに、ボニーさんが、気づかれたこと、そしてロシアの地でそういった獣医さんに診ていただけたという事は、まだまだボニーちゃんに味方しているって事だと思います(^^)

    Reply
    • 2017-08-08 at 1:15 pm
      Permalink

      ありがとうございます(^0_0^)そうですよね、早めの発見で儲けものですよね。頑張って注射して元気になってもらおうと思います。いい医者がいてよかったです(´;ω;`)ウッ…

      Reply
  • 2017-08-08 at 1:11 pm
    Permalink

    いいお医者さんに巡りあえて良かったですが、ボニーちゃん、しんどそう。がんばれ! 注射も痛いけど、治すためだから、がんばれ!

    Reply
    • 2017-08-08 at 1:19 pm
      Permalink

      ありがとうございます(^0_0^)本当に良かったです。前から心配していたんだけど、診察もしてくれなかったりする病院だったので、今回の旅先の病院はよかったです。また戻ったら違う病院を探さなくてはいけませんが・・どうなんだろう。心配です

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

error: Content is protected !!