キジトラ、サバトラ、茶トラで迷う

今日は相変わらずのボニーさんのようすも映してみました。後姿だけですが・・・ボニーは猫と遭遇して興味津々ですが、猫が怒ってしまって威嚇しましたよ。かわいいですが猫にしたら迷惑ですね。野良ネコと思っていたら飼い主が連れて帰りました。野良なのか、飼い猫なのか、それさえわからないロシアです。

スポンサーリンク

キジトラ、サバトラ、チャトラ

日本の縞模様の猫はキジトラ、サバトラ、茶トラとありますが、特に区別しづらいのがサバトラらしいです。 まずキジトラは茶色ベースに黒の縞模様が特徴です。口のまわりは白く、鼻は茶色、尻尾は尾の先が濃い、お腹にも縞模様があるなど特徴があります。しかし個体差もあるので一概にこれのみとは言えません。一方、サバトラはグレー地に黒の縞模様、茶トラはその名の通り茶の縞模様です。

こうやって説明みても(-ω-;)ウーンと悩んでしまいます。このブログ主、neko8netさんが先日悩んでいて、私も悩み始めました(笑)私はキジだと思うんですけど、やっぱり名前どうり鯖なんでしょうか?(笑)

茶トラと遊んでみました・・・

 

これは・・茶とらですよね!茶とらってスマートで凛々しい姿で、食いしん坊で甘えん坊な性格だそうです。名前の由来通り、オレンジのような明るい茶色の毛がトラ柄のようになっていれば『茶トラ』と呼び、その色味や柄入り方などは猫によって様々なようです。メスの茶トラが生まれる確率はより低くなるそうで、その存在は大変珍しいものなんだとか。メスの茶トラの性格としては、オス猫と変わらず甘えん坊ではありますが若干落ち着いており自立を保つことのできることが特徴。最後の方でチラッと・・メスのような気がします、貴重猫だ!!なーんてね。

こちらも飼い猫なのかもしれません・・自由すぎるロシア。

最近ネコブロガーさんの影響か、猫と遊んでみたくなるんですよね。ボニーは相変わらずぼーと眺めていただけでした(笑)

よくわからなかくなったので・・・トラネコ
左キジトラ。右サバトラと細かく分かれているけど、大きくはトラネコと分類される種類です。

もうトラちゃんでいいですわ。




にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加
いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)

あわせて読みたい

6件のフィードバック

  1. ビー玉 より:

    私もneko8netさんの記事読みました!!分からなくなりますよね( ̄▽ ̄;)我が家の猫は茶トラで全体にオレンジ色です。可愛いいです(*´ω`*)←親ばかw

    • Pinpin より:

      この辺多いんだけど多分そうかな、くらいですね。かいわいいですよね・・あの遊びたいよ、って感じが(笑)

  2. えたばりゅ より:

    いや~・・・にゃんずの毛色は本当に興味深いところですよね(^^♪
    遺伝子で決まるそうですが・・・
    また新たに新しい毛色の子とかが出てくるのでしょうかね( ^ω^)・・・

    • Pinpin より:

      (ΦωΦ)フフフ…ありがとうございます。新しい毛色出てくるんでしょうね。とにかくかわいいです。今日は首輪して散歩の飼い猫さんもいましたよ。挙動不審でした

  3. NickNick より:

    猫を飼ったことがないので、くべつが全然つかないです。茶トラくらいかな、分かるの。

    • Pinpin より:

      昔かったことはあるんですけど、私の不注意で・・あれもキジトラだったと思います。ねこはうちにはいつかない動物みたいです。飼っても℃人のうちに居着いて帰ってこなくなるんです(;^ω^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です