ボニーの皮膚病とブロッコリースプラウトは野菜の王様

さてボニーさんの事も心配がつきません。

スポンサーリンク

おっぱいの周囲の発赤は同じような感じですが、少し範囲は小さくなってきました。できものは拭き取ってはゲンタシン塗ってましたが、また急激にできものが増えてかなり痒そうな感じなので病院へ行ってみました。また前回の病院です。

今日は男性の獣医です・・・真面目に対応してくれますが、診察もせず前回の注射が効かなかったことを話するとじゃあ、薬にする?だそうです。体重もはかりましたが、まさかの7,1kg・・・そんなはずはない。何か月か前に7.7だったはず。体重計も間違ってるんじゃ???

といったけど、あっさりスルーされました。

もしかして最近は手作りご飯を多めにしているから痩せたのかな?

そうこう考えている間に医者はさっさと注射の準備をしています。

ボニー震える・・終わった後も震えてました。

私も震えるわ、ロシアの病院に
もうロシアの獣医・・・診察くらいしろ~~~( ̄ー ̄)、そうそうもちろんカルテなんてものはありませんよ!全て1から説明しなければいけません。

もういややーーー。

しかも体重減少??ブロッコリー?ビーツ?食べているから???

また自分でいろいろ調べてみました。

ニキビのように、赤黒く膿が伺えるできもが沢山出来て広がり、痒みが伴っている場合には膿皮症という皮膚病の可能性が高くなるようです。

ボニーは膿皮症だよねきっと!!!アレルギーでかたずけないでほしいわ・・・(^_^;)

病気が進行していくと、痛みや脱毛かさぶたなどの症状も現れ、皮膚が黒ずんできます。また、悪化すると発熱してしまったり、元気や食欲の低下が見られる場合もあり、治療が長引いてしまうケースもあるようです

膿皮症は通常皮膚が持っている皮膚バリアと言われる細菌の侵入を防ぐ機能の低下により、皮膚がブドウ球菌などの細菌に感染することで引き起こされます。

その原因は不衛生な環境や免疫力低下、皮膚の水分不足などと言われており、擦り傷や噛み傷などから感染するとされています。

また、シャンプーのしすぎや皮膚に合わないシャンプーの使用も、発症の原因に成り得ると言われています。

病院での適切な処置が必要となりますので、早目の受診が必要だそうですが

・・診察(患部の診察)さえしてくれないやんか(゚∀゚)

やっぱり膿皮症かな?・・免疫機能の低下?・・じゃあここではどうしたらいいんだろう。と思い現在はドックフードに少し手作り食も追加してます。シャンプーも自然派にかえてみたものの・・・頻度をへらしてみようかな?栄誉状態もわるいよね?と思い

栄養素が豊富なブロッコリーも足してます。栄養豊富なビーツも入れてみてますよ。

ブロッコリーがいい理由

ブロッコリーは各種ビタミンや鉄分・カルシウムなどミネラル類も豊富に含んでおり、とても栄養素が豊富な食べ物です。食物繊維も豊富で、βカロテンの含有量も多く抗酸化作用にも優れていると言われています。また、ガン予防に役立つ成分も含んでいます

●スルフォラファンは老化の原因になってしまう体の酸化を防ぐ、抗酸化作用があります。また、発ガン物質の解毒酵素を活性化すると言われており、ガンの予防に繋がるとされています。他にも糖尿病の予防や免疫力の向上、血液をサラサラにしてくれるなど、注目されている成分です。

●食物繊維食物繊維は胃腸のバランスを整えてくれます。腸内のお掃除をしてくれる効果もありますので、便秘の改善に繋がります。その他にも、消化に時間が掛かる為、腹持ちが良いとも言われています。

●βカロテンは風邪の予防などで知られているβカロテンは免疫力のアップに役立ってくれます。寒さの厳しい時期が旬な野菜ですので、この効果は有り難いですね。また、βカロテンは必要に応じて犬の体内でビタミンAに変換されることもあるそうです。

●ビタミンCは抗酸化作用免疫力を高める効果があります。また、疲労回復ストレスにも良いとされており、コラーゲンの生成にも関わる成分ですので健康な皮膚や骨作りに役立ちます。そしてブロッコリーには、レモンよりも多くビタミンCが含まれています。

●ビタミンEは活性酸素により老化を防止してくれる働きがあります。また、血行促進の効果もあり貧血を防いだり、抵抗力を高めてくれたりもします。

●ビタミンKは凝固作用があり、不足してしまうと出血の際に血が凝固し難くなってしまいます。その他にはカルシウムが骨から排出されてしまうのを防ぐ効果がありますので、骨の形成を助け骨粗しょう症の防止に役立ちます。

●葉酸は動脈硬化による高血圧や心疾患を防ぐ効果や、免疫力を向上してくれる成分です。ブロッコリーには葉酸の吸収を助けるビタミンCも多量に含まれている為、効率良く葉酸を摂取出来ると言われています。

●カリウムは食塩などに含まれるナトリウムを排出し、血圧を下げる効果があります。

●カルシウムは骨や歯などの形成に必要な栄養素です。骨粗しょう症などの予防に効果があり、骨を丈夫にします。

ですが今流行りの?ブロッコリースプラウトの方が栄養豊富だそうです。

 

 

ブロッコリーの新芽のことで、成長したブロッコリーを食べるより新芽を食べた方が実は栄養が効果的にとれるのだそうです。

新芽にはスルフォラファンが、成長したブロッコリーの20倍以上も含まれており、その抗酸化作用は3日間も持続するとそうです。

本当に万能やね♡でもブロッコリー高いのでうちではちょびっとしかあげてないのです、ごめんよボニー

。一回作って失敗してる(笑)ので冷凍ブロッコリーを解凍してちょびっとあげてますよ。もちろんほかの野菜やお肉も混ぜますけどね。

しかし本当に痩せているのか?見た目や抱っこの感じは同じなんですけどね??ブロッコリーはダイエットにも言いそうで、なぜかというと90パーゼントほど水分でできているからだそうです。

それでやせたのか?本当にずっしり重いんですけどね・・・??これで経過を見ていきたいと思います🐕

ブロッコリースプラウト私も食べてダイエットしたいな

スプラウト栽培セットもありました。




にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)

こちらの記事もどうぞ

ロシアの商品
最近のボニー
ロシア人もびっくりのフレンチブルドック散歩
パグに挨拶 
迷惑そうなボニー
今日も快晴 上着要らず ボニーのお股は・・
今日は暖か ボニーは帰路を急がずゆっくり散歩
旦那は格下・・命を3回救ってもらっても関係ない 犬の性分です...
フレンチブルドックがかかりやすい病気って?最近お疲れのボニー
変顔 愛嬌はありますね
ボニーも娘もなかなか治りません
リンゴ酢をリンスにしてみようか。ロシアのドライヤーはすぐ壊れ...
日なたぼっこ中 クンクン・ブルブル・ドテ
動物病院に行ってきました ロシアの動物病院編
抗生剤注射3回目終了。治るのかな?まだブツブツありますが・・
お勧めマダニ除去器。マダニで体調不良のボニーと極悪アルチョム...
フレンチブルドック・ボニーの皮膚病は治らない。夏は一番トラブ...
キジトラ、サバトラ、茶トラで迷う
ボニーの薬は人間用を使用します。薬嫌いな犬には・・
ゆっくり散歩と写真撮影

2 thoughts on “ボニーの皮膚病とブロッコリースプラウトは野菜の王様

  • 2017-06-21 at 3:02 pm
    Permalink

    いや~~・・・
    色々と本当に大変そうですね^^;
    診察はして欲しいですよね(T▽T)

    Reply
    • 2017-06-22 at 7:13 am
      Permalink

      診察はしないといけないですよね・・カルテもないんだから・・とは思いますが。ロシアですからね・・・(^_^;)

      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!