ロシアの野良犬と真剣な待て

フレンチブルドック

一昨日聞いた話なんですが、また野良犬が3頭いなくなっていたそうです。ちょうどアルチョムパパが1頭痙攣している犬を見かけて、病院に電話しました獣医は「もう倒れているなら手遅れ、連れてこないで、連れてきてもどうしようもない」と言われたそうです。医者がこの薬を使ったと思うと言ったようで・・・誰がいつ調べたのかもわかりませんが、1頭くらい調べたのかも?しれませんね。それとも適当に答えているだけでしょうか?

いつもはワンワン吠えてトコトコしっぽふって歩いている犬がいません。お腹が大きい妊娠中の犬、人間見るとビクビクする犬もいません。今日は1頭だけ野良犬見かけましたがどこに行ったのでしょう?

証拠がないし、警察も絶対動いてくれませんから、どうしようもないわけですけど(この犬は大きくて一見怖いけど、人間大好きでしっぽ振って近づいてくるけど、一定の距離からは近づいたりしません。きれいな目をしていました)

去年は野良犬に慣れず、野良犬怖いと思っていましたが、特に何かをしてくるわけでなく、しっぽを振って近くにいるだけです。怖いのは犬でなく、笑って話しかけてくる人間の方でした。

娘にはいろいろ注意してますが、階下住人にも3歳の孫もいるし、その孫も外で遊んだりしているわけで、下手なことはしないとは思うんですが。しかもチワワ犬も飼っているんですよね。

犬も察知してて場所移動していればいいんですが、残った野良犬も狙われたりするかもしれませんね。

なんだか外でピクニックと言って、アメを外で食べたりしている娘をみると、人間にも被害が出てくるんじゃないかな?と思ったりするわけです。砂場遊びも今はしないように言ってますが・・・すぐ忘れるようです。

何度も注意するしかないですね・・

🍓☆彡・・1Kg165ルーブル 320円くらいですか?

とても真剣な「待て」ができました(笑)




にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 家族ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へこのエントリーをはてなブックマークに追加
いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)

コメント