ボニーもそばにいるだけで幸せ?

家の中で飼われている動物は、その家に住む子供達に生ずる肥満やアレルギーのリスクを低減する」―学者達のそうした見解が、雑誌に発表された。家で動物を飼っている家族の中で育つ子供は、研究者らによれば、アレルギー症や肥満になったりするのを抑える微生物を多く体内に有していることが分かった。研究チームは、2009年から2012年に誕生した新生児746人を対象に分析した。

スポンサーリンク

その家族の半数以上が、家で少なくとも一匹の動物を飼っており、その7割が犬だった。なお学者達は、将来は、必ずしも動物と家で一緒に暮らさなくても、有益な微生物を子供に「移す」方法が見つかるだろうと推測している。

また、科学者たちが犬の飼い主に対する献身の秘密を解き明かした。「応用行動分析」誌が、犬が本当に幸福を感じるのは人といるときのみだとする調査結果を発表した。

人が忙しく、かまってくれなくても、そばにいるのが好きなのだ

という。常にかわいがってくれなくてもよいのだ。一連の実験でそれが示された。

研究は椅子、テーブル、リビングルームに通じるドアのある部屋で行された。ホールには飼い主が座っていたが、犬との接触は禁じられた。飼い主のそばに行くには特別なボタンを押してドアを開けなければならない。犬はすぐにドアを開けることを学んだ。

犬が習熟した行動をとる可能性を排除するために、研究者らはおもちゃを部屋に置いたが、それでも犬は人間社会を選んだ。

 

 

ボニーもかまってあげなくても そばにいるだけでも幸せなのね!!




にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加

いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)

こちらの記事もどうぞ

世界で一番寒い村 オイミャンコ
Дмитрий Медведев: уйти в бизне...
モスクワ雨上がり・・・
ロシア郵局トップのボーナス 庶民は年間50万ルーブルで生活
Tу-154 потерпел крушение ソチ発飛行...
東京でマリインスキー劇場の展示会:日本人がロシア人に対する理...
犬のいびき 自分のいびきにビックリ【動画】
モスクワ・厳寒で危険度オレンジ。異常気象
ロシアでの車税
サッカーの審判 試合中にプロポーズした選手にイエローカード ...
何年も寿命を延ばすダイエットを明らかにする
英国 緑色した子犬が産まれる 【動画・写真】
ロシアの学者たちが細胞の老化を遅らせることに成功
NASA発表は・・・トラピスト1
明日は我が身、資源大国ベネゼエラでデモ 仮想通貨の流れな...
乳児のモバイル使用は危険 ゴールデンウィークから始めたばかり...
ニュースを載せるのはライセンスが必要になる
ロシア警察のサーバーシステムが「ハッキング」された?サイバー...
ポールシフト?太陽が東南からのぼる・・・
常時SSL化したらブログ村やランキングも登録変更が必要だった...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

error: Content is protected !!