フレンチブルドックの噛み癖は治るの?

皆さんこんにちは、フレンチブルドックのボニーさんは今日ものんびりお散歩です。気分が乗ってくると(スイッチが入ると)靴に攻撃を仕掛けてきます。もちろん甘噛みです。そしてまたのんびりお散歩。ゆっくりゆっくりのんびりのんびり🌸フレンチブルドックに噛まれた人がいるというニュースを耳にしたので、少しフレブルの性格(噛み癖)について書いてみたいと思います。

フレンチブルドックの性格

別名ブルドックフランセといいまして、名前の通りフランスでブルドックをパグやテリアと交配し繁殖させたのがフレンチブルドックとなります。愛好家たちはコウモリのような耳(バットイア)に魅力を感じたようでのちにアメリカでもフレブル人気が広がって行ったようです。確かにおどけた表情・耳の絶妙なバランスにひかれたのはいうまでもありません。

利口で愛情深い性格といわれていますが、やはり気性の荒い犬(闘犬)を交配させていますので・・小さい時のしつけが大切になってきます。

ボニーの場合はしつけをして手などは噛みはしませんが、それでも何らかのスイッチ(遊びモード)が入ると靴を追いかけ噛みます(布製の場合はアクシデント予防のために遊ばせません)靴フェチ??

小さく見えても意外と力も強いのです。子供に対しては遊びモードの時には顔を近づけたり、手を出したりはしないように注意はしています。

おっとりボニーでもアクシデントがある可能性はありますから。こうやって興奮するときは身体が痒かったりイライラしてたり犬(ボニー)にも事情があるのかもしれません・・そして異常に靴攻撃するには靴が何らかの獲物に時々なるのかな~~なんて思ったもしています。

本当に犬事情を知るために犬と会話できたらいいんですけどね🐶

ボニーの場合、数回の獲物遊び(追いかけっこ)をすると気がすんで、またトボトボゆっくり散歩に変わります。若い時は結構長く追いかけしてましたよ。もう9、5歳なので、長くは身体がもたないのでしょう。🐕

家の中では靴追い(スリッパ追い)はしないんですよ。それもフレブル個々にそれぞれに特性があるんでしょう。

その子にあった教育を

人も様々、犬も様々。教える時間があまりない人や、教えても教えても覚えない犬なら教育機関に勉強に出してみるのもいいかもしれません。(しつけ教室)早くに親犬から子犬を離してしまうことが多い日本では、人間が教育するしかありませんから。母犬から学んだ後もらい受けるのがいちばんいいんですけどね・・

いけないことは 言葉を変えずにいけないと厳しく教えてあげてください。言葉を変えると犬が戸惑ってしまいますし・・指示が確実にわからなくなってしまいます。

そしてこの前もかいたんですが・・おいで・・早く。と指示していた私。早くでしかボニーは来なくなったという・・失敗談💦記事はこちら

・・トイレのしつけも失敗していますしね(ノД`)・゜・。

では子犬の時の噛み癖しつけ方法

靴を噛むのは許してしまった私ですが、身体への甘噛みは許しませんでしたよ。子犬の時の噛み癖の原因は

  • 歯が生えてきてイライラする
  • ストレス
  • じゃれついてきて遊びで噛む

子犬の時にしっかり教育すること。

子犬が力を入れて噛んだ瞬間に「痛い!」と叫んで犬から離れます。そしてしばらく無視・・・2,3分経ったら遊んであげて・・また噛んだら「痛い」と叫んで無視・・これを繰り返します

騒いだり叩いたりすると逆効果になるので無視するのが一番です。(中途半端に叱ったり、叩いたりすれば、余計に興奮して噛んできますし、人間の手に対して恐怖心を持ってしまい、怖いあまりに噛んでしまうという行動につながってしまうかもしれません。)

ボニーの場合は遊んで・・無視で噛み癖は治りました。噛まれた拳を押し込んでみたりもしましたし他にも首を抑えていけないとか、腹ばいにさせていけないとかもやりましたが・・頑固なフレブルには無視が一番効果的かもしれません。そして家族がいる場合は家族全員で同じ態度で接しなければ混乱するし、また理解に時間がかかったりもします。

ボニーのこの靴追いは私(リーダー)にはしないので・・やはり格下の人間に向かってしているようです。家族以外だと絡むことはありません。ターゲットは2人だけのようです(笑)

まとめ

横でブーブーといびきをかいて寝ているボニーさん。それにしても噛んでしまったフレブルがどうなるのかが心配な私です。飼い主はしっかりしつけしてほしいなと思います。しつけできていないのなら教育(しつけ教室)を早く受けさせてあげてほしいし、しつけ出来てないままなのならリードは絶対しなければいけませんよね。そしてどちらもワクチンは必須ですね。

皆幸せな犬生であってほしいなーー。🌸

最近はいろんな病気にかかっていまして、心臓・肝臓・腎臓病です。頑張って薬飲んでます。そして膿皮症にも苦しんでます。ボニーの日記はカテゴリーフレンチブルドックで書いてます。今日もご訪問ありがとうございました。ボニーも頑張ってますよー・・ブヒちゃんたちがんばろー!!




にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加
いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)

あわせて読みたい

4件のフィードバック

  1. えたばりゅ より:

    また咬傷事故が起きたのですね。僕はこのニュースは拝見していないので、詳しいことは分からないですが、犬は咬むものという前提をもっとしっかりと発信していかないとなと思いました。

    触る方も、いきなり触るのはご法度ですし、飼い主も咬む可能性があるのであれば、口輪をつけて散歩させるなどの処置が必要だと思います。

    そして、咬む犬も接し方次第では、咬むことを少なくすることもできます。
    ボニーさんの言う通り、なぜ咬むのかを理解して、しっかりとしつけをしないと後々に犬だけに責任を負わせることになりかねませんもんね・・・。
    ・・・そして、おっしゃる通り叩いたりするのは論外ですが(;^ω^)

    • Pinpin より:

      コメントありがとうございます(^0_0^)日本ではないのですがありました。意外に多いですよねこういうことが・・しっかりしつけしてほしいなと思います。私も必要なら口輪するべきだと思います。

  2. NickNick より:

    ペットを飼うからには、ただかわいいかわいいだけじゃなくて、責任もってしつけてあげることが重要なんですねー。じゃないも、ペットも人間も幸せじゃなくなる。

  3. ビー玉 より:

    ウチの猫、噛み癖が直らなった( ノД`)シクシク… だけどまだあきらめてませんよ!!もうちょっと頑張ります(^^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です