20年前に有罪のロシア人に無罪判決 日本

ナバショーラフ氏は1998年に懲役2年を言い渡されて服役を終えた後、ロシアに帰国した。だが、2013年には弁護士が事件の見直しを要求した。

コニャエフ3等書記官は、「我われは札幌地方裁判所による、ナバショーラフ氏の無罪言い渡しという決定を歓迎する。この事件は20年前のものであり、ロシア市民の名誉の回復に関するものだということは念頭に置くべきだ。」

jp.sputniknews.com



いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

クリック応援していただけると嬉しいです(^0_0^)
にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もどうぞ

爆弾の通報
休眠預金法成立だって・・
「争いごとは常に外からもたらされる」「原子力分野での露日の協...
シリア紛争に訪れなかった西側メディアは一体どうして紛争に「光...
在ハバロフスク日本総領事館が元旦からビザ交付の緩和を開始
人生を良くすることリストが公開
フィリピンでマグニチュード6.9の地震
サッカーの審判 試合中にプロポーズした選手にイエローカード ...
プーチン大統領、米国民はトランプ氏の合法性の破壊を望んでいる
JAL、モスクワ-成田を増便
「あなたをアニメの登場人物に変える」中国のアプリMeitu ...
オバマ氏は大統領離任後の初日をどのように過ごしたのか?
ロシアの消防士ら 燃える豚舎から抱いて子豚150頭を救出【写...
プーチン大統領 日本の武道家と一緒に柔道のマスタークラス開催...
ファーストフードは脳内に取り返しのつかない変化をもたらす!?
ロシアの学者たちが細胞の老化を遅らせることに成功
軍用ヘリコプターのパイロット 道を尋ねるためヘリコプターを道...
「オスカー」訂正は、ディカプリオの復讐?
日本、「セゾン・リュス」初の開催国に
生きたカメの胃から5キロの硬貨摘出、タイ【写真】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

error: Content is protected !!