「プーチン大統領は悪人ではない」ー米外交専門誌が反露ステレオタイプ脱却を呼びかけ

西側メディアを信じれば、ロシアはいわくトランプ氏の米大統領選出の黒幕であり、英国の国内問題に介入し、バルカン半島、沿バルト海とウクライナで「混沌の種を撒」き、ベラルーシとフィンランド侵略を準備している他、プーチン大統領は欧州や全世界で「民主主義的秩序を転覆する」構想を練っている。

このような非難の旋風はロシアとの関係をいかに構築するかについて、米国市民の心を乱す。米国ではロシアを「全世界的脅威」や「死に行く超大国」と受け止める癖がついているが、そのアプローチの1つとして、現代のロシアが実際にはいかなるものかを適切に評価することを許さない。シュレード氏はそのような見解を示している。

ロシアを全世界的脅威と考える人々はロシアとの関係悪化を「新冷戦」と定義し、軍事的対立にまで至るハードアプローチを呼びかける。このような視点は「そのあらゆるヒステリックさにかかわらず」人気を博しているとシュレード氏は強調する。ロシアを「死に行く超大国」として見る人々は、ロシアの可能性を狭めている経済・人口動態的問題を指摘する。彼らはロシアに対する正しい対外政策を静観だと考えている。しかしシュレード氏は、ロシアにも国内問題はあるものの、その否定的な異議はそれほど深刻ではないと述べる。

このように、合理的な政治を行うためには、米国はヒステリーを抑えて、物事に対するより素面の視点を作り上げるべきだとシュレード氏は結論づけている。

jp.sputniknews.com



いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

クリック応援していただけると嬉しいです(^0_0^)
にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もどうぞ

地震 ・噴火  やばい?大丈夫?
Спецслужбы получили данные о п...
クラスノダール地方観光税法案 Размер курортн...
オランダの裁判所、クリミアのスキタイ・ゴールドをウクライナに...
プーチン大統領 自由貿易圏創設の可能性について語る
「争いごとは常に外からもたらされる」「原子力分野での露日の協...
露・沿海州、ドイツからの観光客が急増
日本、ロシアからのとうもろこし輸入拡大ー連邦動植物検疫監督局
プーチン大統領の新年のメッセージ
1月3日から4日にかけて流星群が観測できる
東京でマリインスキー劇場の展示会:日本人がロシア人に対する理...
どうしてロシア人は毎年お正月に同じ映画を見るのか?【動画】
米労働省 Googleとの協力をやめると脅す
オバマ大統領、共和党員が「民主党員よりプーチン大統領を信用」...
JAL、モスクワ-成田を増便
「あなたをアニメの登場人物に変える」中国のアプリMeitu ...
独オリンピック委員会会長 平昌五輪と東京五輪からロシアを排除...
鶏が米愛国歌を熱演【動画】
強姦法改正案、厳罰化 被害者、両性別
ポールシフト?太陽が東南からのぼる・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

error: Content is protected !!