あなたも赤に見えますか?日本の教授の錯視画像が話題

この画像で赤だと私たちが認識するものは実際は灰色か灰緑色なのだ。これは色の恒常性によるもの。色の恒常性とは人間の色知覚の特色で、ある物体の色は、周りの色や照明が変化してもおよそ同じものとして知覚されるというもの。

夕暮れではバナナやイチゴは灰色かもしれないが、色の恒常性によって、わたしたちは依然としてバナナを黄色に、イチゴを赤色として見る。

スポンサーリンク

この効果は非常に有名だが、この画像はSNSで暑い論争を招いた。画像には赤色ピクセルが使われていないことを示すため、画像を分析したものすらいる。

北岡教授は錯視などの知覚心理学を研究している。

 

赤に見えちゃいました!あなたもみえますか?




にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へ このエントリーをはてなブックマークに追加
いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です