ムカデが現れる季節になってきました。ムカデ対策

毎日の記録や愚痴(; ・`д・´)

今日から宮崎の幼稚園制服着て登園。今日は「早く行こう」と言ってくれました、しかもむかえも「遅くてイイ」って(*’ω’*)ちょっと慣れてきてお友達もできて楽しくなってきた様子です。実家では虫のオンパレード。ついに暑くなってきてムカデまで登場しました。( ゚Д゚)独り立ちしたムカデなのかまだ親が近くにいるかはわからないのでもう1匹近くにいるかも|д゚)庭ではカニも歩いてました(‘;’)今年は雨も虫も多いらしいです

ロシアでは近所で蛇をみたそうです、頭に黄色い模様があったそう。毒蛇かなー?あーどっちもいややーー。まだ9月かー早く雨やんでほしい、寒くなってーーー(祈)

このムカデについてちょっと調べてみました

 

どの種も肉食で、小動物を捕食するが、全てのムカデは顎肢に毒腺を持ち、この毒を用いて昆虫などの動物を捕食します。オオムカデ類はヒトに対して能動的に攻撃をかけるものがあります。また大型種の多くは人間による拘束状況下において狂暴で、触れたものには手当たりしだいに噛み付きます。噛まれるとかなり痛みますが、人命に係る被害はほとんど無く、ムカデの咬害により死亡した例は報告されていません。しかし、噛まれると体質によりアナフィラキシーショックを発症する事もあるため、噛まれた場合には速やかに医師の診察を受けることが望ましいようです。

ムカデに噛まれたらどうする?

 

主に夏場、山林に近い民家では、ゴキブリなどを捕食するためにムカデがしばしば家屋の内部に侵入するそうです。つくばでも大きいムカデ侵入で困っていました。湿った土と潜れる場所があれば生息していること間違いないでしょう。この場合、靴の中や寝具に潜んだりすることから咬害が多く、衛生害虫としても注意が必要です。噛まれた場合、患部に異物が残っていればこれを除去して毒を絞り出す必要があるので、咬部を水道水で洗浄します。そして抗ヒスタミン剤を塗布します。

ムカデまとめ話

 

俗に「ムカデはつがいで行動しているために、1匹を殺すともう1匹必ず現れる」と言われていますが、ムカデにつがいで行動するような習性は無く(配偶時のみ短時間つがいで行動する)、1匹現れるような環境には自然とその他の個体も出現しやすいというだけのこととなっていますが、私が実感しているのは常に夏場(繁殖)時期だからなのか、1匹現れるとそばにいるか、1日おくれて発見することがおおいのです。子供のムカデが現れると次の日母親が現れるのです。

家が古いと、どこかから入り込む(洗面所の排水溝)ので害虫駆除してもなかなか予防できないのが実状ですが、噛まれたら早めの対処、病院への受診が大切だと思います。かなり腫れあがって心配ですしね。




にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へにほんブログ村 家族ブログへにほんブログ村 海外生活ブログ ロシア情報へこのエントリーをはてなブックマークに追加
いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)

コメント

  1. 川渕 より:

    夏休み明けの初日から機嫌良く行ってくれてホッとしますね。幼稚園は何時まで見てくれるのですか?
    何気に雨続きで湿気が多くて、虫の温床になってますよね☆ムカデとか無理…‼︎

    • admin より:

      本当に嫌です( ̄▽ ̄)あれから出てませんが、敏感になりますね笑
      そこはマンションのほうがいいのかなーと思ってしまいます。