オス犬、怪我した彼女をレール上で2日護衛

デニスさんは鉄道で、1匹の犬が列車により怪我を負い、歩けなくなっているのを見つけた。

スポンサーリンク

犬はレールに横たわっており、横にはオス犬がいた。オス犬は彼女を温めるだけではなく、人からも守り、さらに列車が通る時に彼女を支えていた。

「信号を聞き、オス犬はメス犬にぴったりと近寄り、そばに横たわった。2匹は頭を下げて地面にくっつけ、列車は通り過ぎた。オス犬は2日連続でこんなことをしていたんですよ、考えてもみてください!」 「なんてこれを名付ければいいのかわからない。本能、愛、友情、それとも忠誠?1つわかることは、全ての人間がこうは行動できないこと。これは教訓的だ!」とデニスさんは述べた。

2匹はすでに動物愛護センターに贈られた模様。

jp.sputniknews.com



いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)
にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もどうぞ

イギリスの学者曰く 高齢出産は・・・
休眠預金法成立だって・・
ノキア、特許侵害でアップルを提訴
ロシアとNATOの対話発展:2017年の予定
アレッポで拷問を受けたシリア人の埋葬地が発見される
神経科学:妊娠は2年間にわたり女性の脳の構造を変容させる
ラブロフ外相:われわれはいつでもトランプ陣営との対話のために...
台湾付近、マグニチュード4.8地震
在ハバロフスク日本総領事館が元旦からビザ交付の緩和を開始
ロシア最大手銀行、7歳少年のためにサンタクロースになる
ウィキリークス ヒラリー・クリントン氏の消えた電子メールの情...
約80年にわたる独身生活が長寿の秘訣?
旅行しないほうがいい都市が発表される
差別とレイシズムが流行り?アジア人を嘲笑する広告
ロシアの各国民、2月1日から無償の土地使用権を得る
人間は脳の9割がなくても生きられる 仏男性のMRTが驚きの結...
ロシアで「老化を遅らせる薬」の試験に成功
激ヤセのキャサリン妃 離婚を避けるため極秘でセラピーを受ける
3月26日 全国デモ 【ライブ】
ユナイテッド航空・・またか。大炎上中 これで何回目だろう、こ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

error: Content is protected !!