ロシアでも10月29日公開と今日の幼稚園話

ブリジットジョーンズの日記 明日公開 見に行きたいなー、でも行けない

スポンサーリンク

今回はシリーズの中で一番おもしろいらしいし・・・

平日でも12:30には迎えに行ってるし 無理でしょう

映画館には行けないかな((´・ω・`)・・・何か悲しい

 

幼稚園に送って行くと先生がツベルクリンするか?と聞いてきました

え?みんなBCGしてないからなのかしらと思いながらも必要ないと答えました

してたらツベルクリン反応しないんじゃないのかな?

よくわからんわ・・・←おバカ(笑)

小学校前にはまたするんだったかな?

調べたら今は小、中学校でもツベルクリン反応行わなくて問診だけみたいなので、安心しました。

かつで日本では、結核予防法により乳幼児・小中学生に対してツベルクリン反応検査を行い、陰性者に対してBCG接種が行われていた(なお、BCG接種では1960年代に管針法(俗にいうハンコ注射)が導入されている)。しかし、その後の2005年の法改正により、これらの者に対するツベルクリン反応検査は廃止された[3]現在は予防接種法に基づき、生後6ヶ月に至るまでの定期接種時にある乳幼児に対してのみ、ツベルクリン反応検査をせずに直接にBCG接種を行うこととなっている。

現在、米国ではマントゥーテスト(Mantoux test)と呼ばれる検査が行われており、精製ツベルクリン(Purified Protein Derivative、PPD)が用いられている。英国では2005年までヒーフテスト(Heaf test)と呼ばれる検査が行われていたが、現在はマントゥーテストに変更されている。

 

なるほど・・・っていうかこれ以前も調べてなるほど・・・っと思っていたこと。すぐ忘れるって、とほほ(´・ω・`)

映画もね・・・だからロシア語も上達しないのよね

 

でももし強制されたらどうするって旦那に聞いたら 病院にいって書類もらえば大丈夫だって・・・そうなのね、ロシア

 



いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)
にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もどうぞ

階下住人の誕生日に招かれる
誰か私の脳みそをノックしてください(笑)映画の年齢制限があっ...
風邪かな
全日空が勢いづいてる!
漢方すばらしい力と読み聞かせの本
昨日は探し物がみつからず
旦那の仕事 どうなっていくのかしら・・・不安しかないロシアと...
小さいことに悩まされる日本人
今日も眠い病の旦那に喝を入れて
ロシアからの手紙20日で日本に届く
またタクシー話と雑談
旦那 久しぶりに仕事 ロシアでの仕事に対する姿勢はこんなもの
片頭痛
景気が悪くなると一層の注意が必要ですね
6歳のお手伝い。
マナ アイランド リゾート & スパ フィジーに行っ...
今日のバイト 音声さんになった旦那 
ボニーの困り顔と戦勝記念日 おめでとうって何が?・・
スイカを食べたいだけです
デイヴィッド・ハミルトン博士ではないけれど意識は一つの世界に...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

error: Content is protected !!