シベリア鉄道1日目~3日目 ウラジオストックから・・・イルクーツク ボニー2回危篤状態

シベリア鉄道 乗ってみると暑いらしいです。

スポンサーリンク

温度設定高くて汗がでる。外気マイナス20度からいきなり電車内28度・・・暑いでしょう

乗務員にすぐ暑いといいに、乗務員は決まり通りの温度だといって変更できないようなのです。

ボニーも服を脱いで、駅ごとにトイレへ。DSC_0596

クーペ入口 すごく狭いDSC_0589

ハバロフスク駅

DSC_0586

駅ごとに散歩・・・寒い 中は暑いDSC_0591

DSC_0628

DSC_0623後方DSC_0607

DSC_0632

DSC_0635

DSC_0638

DSC_0637

DSC_0662

また休憩、だけど寒い

DSC_0664

 

DSC_0669

夜中3人乗客が乗ってきて、ハバロフスクで3人共 人が入れ替わりました。ここを出発してから

ボニーの様子がおかしい・・・・ぜえぜえ 舌をだして呼吸 倒れて失禁。

皆、大丈夫?と心配してくれているけど・・・

旦那はあわててタンブル(電車のドアのところ)に出て涼しくしてあげました。ほっぺをたたいて

”起きて起きて”

とさすってたら15分くらいで復活・・・だめかと思い焦りました。

温度設定が高すぎて 熱中症になったようです(^_^;)

ハバロフスクからは外気が低いからか少し温度も下がって24度くらいになりました。

ボニーも元気?になり皆は心配してかわいがってくれていました。ボニーが自分のご飯食べず、皆が食べだすと頂戴っと鳴きだすしまつ・・・・(^_^;)

次の日、ボニーが食事を食べないからと乗客がソーセージや肉をあげていると、今度は咽喉に肉をつめて泡を吹いて、倒れて心肺停止状態になりました。

旦那も皆もびっくり( ゚Д゚)

さかさまにしたり 咽喉に手を入れたりしたけどなかなかでしたが、咽喉を抑えて肉を上に持ってきて また手を突っ込んだらとれました。心臓マッサージして息を吹き返しました☆彡。

前半いろんな事があって 旦那ぐったり(*_*) もちろん手もめちゃ咬まれて痛かったようです。

寝ている間に 車両が同じ乗客が散歩してくれたりしたみたいで。皆さん スパシーバ

私も心配しすぎてブログを休んだりしました(笑)

乗客の1人はバイカル湖近くに住んでて 帰ってから無事に着いたよと連絡しました。皆で遊びに来てとも言ってくれて 本当にいい人たちです。

ボニーはそれから肉 禁止となりました。というか、アレルギー鶏肉ではでなかったしソーセージでも出なかった不思議、アレルギーは何でしょうか?

 

DSC_0672

なに?大丈夫よ、心配しないでとでも言っているのでしょうか?

DSC_0673

長旅途中・・・ここまで来たら引き返せない ボニーぐったり 旦那もっとぐったり(゚∀゚)

熱中症に窒息・・・ボニーは天国を2度のぞいて帰ってきたのでしょうか?どんなところか聞いてみたいものです

 

 



いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)
にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

error: Content is protected !!