明日は我が身、資源大国ベネゼエラでデモ 仮想通貨の流れなんでしょうかね?

南米ベネズエラの国営石油会社の子会社が、トランプ米大統領の就任式委員会に対して約5400万円を寄付していたことが米連邦選挙管理委員会の記録が19日に公開されて明らかになった。ベネズエラは経済危機にあり 食料や水、医薬品、電気も不足している。街中では激しい抗議運動が巻き起こり死者も出ているようだ。ニコラス・マドゥロ大統領の退陣を要求する大規模抗議デモが全土で再開された。

我が身に起こったらと思うと怖いですが、ロシアのインフレも身に染みている私でもこれ以上だと我慢できないと思っているのに、ベネゼエラ国民の怒りの程は・・・・・

政治家がいうにはロシアのインフレ率は4、4%といっていますが現在はもっといってますね、給料も下がってるし・・・確実に それにしてもインフレ率720・・ですか?すごいです。ちなみにソ連崩壊時のインフレ率は600億%だそうです・・

 

ロシアの次回のデモも4月29日を予定されていましたが、もしかすると6月12日に変更されるかもという事です。

 

 

いやーこわいですね。洗剤もう使わないでしょう・・世の中やっぱり仮想通貨の流れなんでしょうか

 

 



いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

クリック応援していただけると嬉しいです(^0_0^)
にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もどうぞ

Дмитрий Медведев: уйти в бизне...
プーチン大統領、再選までの課題:ロシア経済復活の二つの鍵とは
安倍氏、米国とロシアの間をジグザグ歩行できるか?
オバマ大統領はロシア外交官の郊外コッテージを強制閉鎖
中国でパンダが人間を襲う
プーチン大統領の新年のメッセージ
ウィキリークス、サイバー攻撃についての米情報機関の報告書を揶...
中国、米議員と台湾総統の会談を妨害
中国、2人っ子政策以来1年 ベビーブームに入るか?
「パンツなし」で地下鉄に乗車のイベント、世界中で開催 【動画...
カムチャツカで火山が5000メートルの噴煙を噴き上げる
フィリピンでマグニチュード6.9の地震
ファッションの中心地フランス 「ファッション的」なタバコ禁止...
ロシアの各国民、2月1日から無償の土地使用権を得る
ロシアの学者たちが細胞の老化を遅らせることに成功
ロシアで「老化を遅らせる薬」の試験に成功
ドイツ年金男性 「ハリボ」のお菓子のクマに毒を入れると脅迫
あなたも赤に見えますか?日本の教授の錯視画像が話題
「プーチン大統領は悪人ではない」ー米外交専門誌が反露ステレオ...
おそろしあ、ロシア女性のたたき合い。恨みは残るのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

error: Content is protected !!