「プーチン大統領は悪人ではない」ー米外交専門誌が反露ステレオタイプ脱却を呼びかけ

西側メディアを信じれば、ロシアはいわくトランプ氏の米大統領選出の黒幕であり、英国の国内問題に介入し、バルカン半島、沿バルト海とウクライナで「混沌の種を撒」き、ベラルーシとフィンランド侵略を準備している他、プーチン大統領は欧州や全世界で「民主主義的秩序を転覆する」構想を練っている。

スポンサーリンク

このような非難の旋風はロシアとの関係をいかに構築するかについて、米国市民の心を乱す。米国ではロシアを「全世界的脅威」や「死に行く超大国」と受け止める癖がついているが、そのアプローチの1つとして、現代のロシアが実際にはいかなるものかを適切に評価することを許さない。シュレード氏はそのような見解を示している。

ロシアを全世界的脅威と考える人々はロシアとの関係悪化を「新冷戦」と定義し、軍事的対立にまで至るハードアプローチを呼びかける。このような視点は「そのあらゆるヒステリックさにかかわらず」人気を博しているとシュレード氏は強調する。ロシアを「死に行く超大国」として見る人々は、ロシアの可能性を狭めている経済・人口動態的問題を指摘する。彼らはロシアに対する正しい対外政策を静観だと考えている。しかしシュレード氏は、ロシアにも国内問題はあるものの、その否定的な異議はそれほど深刻ではないと述べる。

このように、合理的な政治を行うためには、米国はヒステリーを抑えて、物事に対するより素面の視点を作り上げるべきだとシュレード氏は結論づけている。

jp.sputniknews.com



いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)
にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もどうぞ

クラスノダール地方観光税法案 Размер курортн...
プーチン大統領、米国との将来の関係について語る
クリル諸島の共同経済活動の決定は投資家の計画に依拠すべき、極...
年明けの朝をフル回転!ウラジオは短距離競争で元気はつらつ
在ハバロフスク日本総領事館が元旦からビザ交付の緩和を開始
ロシア最大手銀行、7歳少年のためにサンタクロースになる
米通商代表に弁護士ライトハウザー氏起用へ、トランプ氏
イヴァンカ・トランプさん ワシントンへ引っ越し オバマ氏のお...
米労働省 Googleとの協力をやめると脅す
第74回ゴールデン・グローブ賞が発表
ロシア 2014年以降に生まれた人へのタバコの販売を永久に禁...
約80年にわたる独身生活が長寿の秘訣?
CNN、トランプ氏が就任式で殺害されたら後釜は誰?のシナリオ...
タイ軍、無人島からロシア人観光客200人追い出す
ロシア人は今 どうやって人生の伴侶を見つけているのか?
世界で最も快適な都市はどこだ?
学者たちが、不健康な食べ物の影響から身体を救うものについて語...
サハリンに日本式温泉ができる
これも躾! 母熊 聞き分けの悪い子熊に川を渡らせる【動画】
6月12日にロシアでデモ?あるの?ないの?大丈夫なの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

error: Content is protected !!