あなたも赤に見えますか?日本の教授の錯視画像が話題

この画像で赤だと私たちが認識するものは実際は灰色か灰緑色なのだ。これは色の恒常性によるもの。色の恒常性とは人間の色知覚の特色で、ある物体の色は、周りの色や照明が変化してもおよそ同じものとして知覚されるというもの。

スポンサーリンク

夕暮れではバナナやイチゴは灰色かもしれないが、色の恒常性によって、わたしたちは依然としてバナナを黄色に、イチゴを赤色として見る。

この効果は非常に有名だが、この画像はSNSで暑い論争を招いた。画像には赤色ピクセルが使われていないことを示すため、画像を分析したものすらいる。

北岡教授は錯視などの知覚心理学を研究している。

jp.sputniknews.com

赤に見えちゃいました!あなたもみえますか?



いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)
にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もどうぞ

山口県の長門がソチと姉妹都市に
コーヒーのさらなる効能を発見
ロシアとNATOの対話発展:2017年の予定
地質学者、シベリアと北米の「統合」を予測
シリア紛争に訪れなかった西側メディアは一体どうして紛争に「光...
仏ルペン大統領候補:クリミア住民投票は合法
UAE、家庭での野生動物飼育を禁止
日本 高齢者は75歳以上
米特務機関 盗まれた民主党のメールをウィキリークスに流した仲...
米学者グループ 誕生月が寿命に及ぼす影響を研究
フィリピンでマグニチュード6.9の地震
18日から19日にかけての深夜 200万のロシア人が厳寒の中...
JAL、モスクワ-成田を増便
サハリンで恐竜化石複製
CNN、トランプ氏が就任式で殺害されたら後釜は誰?のシナリオ...
タイ軍、無人島からロシア人観光客200人追い出す
ロシア人宇宙飛行士:世界の大国のリーダーたちを宇宙へ送ったら...
学者たちが、不健康な食べ物の影響から身体を救うものについて語...
オランダ国王、50歳の誕生日に同じ誕生日の150人招待
「プーチン大統領は悪人ではない」ー米外交専門誌が反露ステレオ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

error: Content is protected !!