激ヤセのキャサリン妃 離婚を避けるため極秘でセラピーを受ける

キャサリン妃は、エリザベス女王がウィリアム王子に王位継承の意思を示したことを受け、完璧にならなくてはとプレッシャーに苛まされ、拒食症のような状態が続いて激ヤセしてしまったという。

スポンサーリンク

ウィリアム王子は母親のダイアナ妃が同じ症状を患っていたため心配し、絶対にこの問題を解決するとして、もしこの問題に取り組まないのであれば離婚も辞さない気持ちだったが、この問題に触れられるのも嫌がるキャサリン妃は、話し合うことさえも拒否していたという。

だがある時、食後に吐いているキャサリン妃をジョージ王子が心配して大丈夫?と声をかけたことで、キャサリン妃の気持ちは一変し、キャサリン妃は子供の為、そして離婚を避けるために、ウィリアム王子と一緒に極秘でセラピーに通っているという。マスコミが報じた。

jp.sputniknews.com



いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

応援していただけると励みになります(^0_0^)
にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もどうぞ

ドナルド トランプ 意外と尊敬できる人?
プーチン大統領、米国との将来の関係について語る
トランプ氏 自身の慈善財団の解散を約束する
プーチン大統領、再選までの課題:ロシア経済復活の二つの鍵とは
「争いごとは常に外からもたらされる」「原子力分野での露日の協...
露・沿海州、ドイツからの観光客が急増
ウィキリークス ヒラリー・クリントン氏の消えた電子メールの情...
モスクワ、厳寒で危険度オレンジ。30以上の便が中止
中国、2人っ子政策以来1年 ベビーブームに入るか?
2030年までにロボットが240万人の日本人の仕事を奪う
オバマ氏は大統領離任後の初日をどのように過ごしたのか?
差別とレイシズムが流行り?アジア人を嘲笑する広告
ロシアの各国民、2月1日から無償の土地使用権を得る
脂肪を燃やすホルモン突き止める
今やDNAを基礎にした旅行プラン作成が可能に!?
日本のチンパンジーにダウン症 ヒトのダウン症の理解に役立って
「オスカー」訂正は、ディカプリオの復讐?
日本、「セゾン・リュス」初の開催国に
米ホワイトハウス見学ツアー、トランプ大統領が子供たちを仰天【...
サイバー攻撃 現在の状況

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

error: Content is protected !!