ロシアの学者たちが細胞の老化を遅らせることに成功

老化プロセスで主な役割を演じているのはミトコンドリア。ミトコンドリアが休みなく活動し始めると老化を引き起こす病的状態が生じる。いままで老年病はミトコンドリアDNAの変異によって発生すると考えられていたが、違うことが分かった。

学者たちは、ミトコンドリアの構造の乱れが原因であり、このプロセスをメラトニンを使って遅くすることが可能であることを明らかにした。メラトニンは睡眠ホルモン。学者たちは、メラトニンのある特性に注目した。人体のメラトニンの濃度は年齢と共に低下し、これが高齢者の眠気を引き起こす。学者たちはこれらのプロセスに関連性があるかを調べることにした。

年齢を重ねるとともに細胞に隙間ができる。そして年老いたミトコンドリアがストレスに対処するのが難しくなったことから細胞内に蓄積されたカルシウムイオンがこれらの隙間を通ってミトコンドリアから漏れてしまう。このプロセスが徐々にミトコンドリアの破壊、そして細胞の自滅プログラムの始動を引き起こす。

ラットおよびマウスの細胞の実験では、メラトニンの投与がミトコンドリアを保護し、その内部にATP分子の組み立てサイクルを司る重要な酵素を保つことで、老化と細胞死を防ぐことが示されたという。

jp.sputniknews.com

ある程度の老化は減食 運動によって予防できそうですが・・・

継続が難しいですよね



いつもありがとうございます。ランキングに参加しています。

クリック応援していただけると嬉しいです(^0_0^)
にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ にほんブログ村 海外生活ブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらの記事もどうぞ

Спецслужбы получили данные о п...
トランプ米・次期大統領、サイバー攻撃のロシア関与改めて疑問視
米特務機関 盗まれた民主党のメールをウィキリークスに流した仲...
米学者グループ 誕生月が寿命に及ぼす影響を研究
ウィキリークス、サイバー攻撃についての米情報機関の報告書を揶...
タイ 豪雨で70万人以上が被災
村上春樹さん、来月発売の新作にロシアもドキドキ
WHO、喫煙が世界経済にもたらす損害は年間1兆ドル
米国で移動可能な直径約30メートルの原発がつくられる
「ミス・ユニバース」64年ぶりに仏代表が優勝
ずるがしこいロシアの少女、マジシャンに打ち勝ち有名人に 【動...
サウジアラビアの王子 タカ80羽を乗せるために飛行機の大部分...
世界で最も快適な都市はどこだ?
ロシアで「老化を遅らせる薬」の試験に成功
学者たちが女性の唇の理想的なバランスを明らかにした
サハリンに日本式温泉ができる
タイ空港での爆弾ジョークの値段は30万円
国連、1945年以来最大の人道危機を発表
乳児のモバイル使用は危険 ゴールデンウィークから始めたばかり...
WannaCryを作ったハッカーチームがウィルスにかかった人...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

error: Content is protected !!